旅 × 雑貨 × 散歩

世界にあふれる かわいいもの すてきな景色を追っかけて ゆるゆる 地球 ひとり旅。       2012年12月。帰国しました。今は日本にいます。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/01/23

ネパール編 まとめ


ネパール編の 全記事リストはこちら☆



<旅日記>
 ・HELLO2012、そして新しい私@ヒマラヤ
 ・骨抜きとろける癒し力。@ポカラ
 ・カトマンズの模模範的歩き方。@カトマンズ
 ・美の都、ラリトプル@パタン
 ・ヒマラヤぐるっと、素晴らしや。@ナガルコット
 ・ネパールでいちばんこの街が好き@バクタプル
 ・ふんだりけったりしかしない日もある。@ネパール→インド




<大好き☆おやつ>
 ・おやつタイム26☆ヨーグルトの王様♪@ネパール



<宿のこと>
 ・ネパール・ポカラの宿
 ・ネパール・ナガルコットの宿





スポンサーサイト
2012/01/23

ふんだりけったりしかしない日もある。@ネパール→インド


2012年1月13日~14日



ネパール最終日。
カトマンズから夜行バスでカーカルビッタへ行き、
そこからインド・ダージリンへと国境越えすることにした。



お世話になったスディールさんのアティティツアーズへ
最後にデータをもらいに行き、夕方 バスの出るニューバスパークへ。
こっからが ふんだりけったりしかしない長い時間のはじまりである。




まずニューバスパークへ行く乗合バンをつかまえようとしたら、
近くで人身事故が起こって 道が全然動かない!
えー!バスに遅れちゃうよー!
肝をひやしまくったけど なんとか間に合い、バスターミナルに全力ダッシュ。




着いたニューバスパークは想像以上にバカ広く、
あせる私は カウンターどこ!?とそこらのネパリに聞きまくる。
するとみんなあっちだ!こっちだ!と行く先行く先違うこというもんで
ただムダに右往左往、私のテンパリ度はさらにUP。
えー、もう時間ないんだってばー!!



泣きかけてたら 優しくデキるネパリ女性が助けてくれて、
なんとかカウンターへ辿り着けた。



すると今度はカウンターにて
「残念だが君の席、手配ミスでとれてない。そしてもう席はいっぱい。」


なんですとー!?
2日も前に、買っといたのに!!!



でももう私のネパールビザに1日の猶予もなかったので 今日乗るしかない。
席なくてもいいから乗れないか?と聞いてみたところ、OKと。
よかったー なんとか今日カ―カルビッタに向かうことができそうだ、
OKの後に続いた「you are brave」の言葉が引っかかるけど とバスに向かってみると、
満席どころか 通路や運転席周辺までびっしり埋め尽くす
ローカルネパリの 人、人、人!




うーわー・・・!
今までもバス乗る時 地元民たちは 席なしでぎっしり乗りこんでて
長時間席なしで このネパールのガタボコ悪路を耐えるなんてさすがだわ… と思ってたけど、
まさか最終日に 自分もこの目にあうことになるとは!
しかもただでさえ この路線はしんどいよーと聞いてたカトマンズ-カ―カルビッタにて!
乗車時間は夜行で15時間ですよ!?



ネパリに交じって ぎゅうぎゅうの中、体を小さーくして
半ケツでなんとか 居場所を得る。
あとはただ、耐える。耐える。耐える。
過酷だ。寝れるわけもない。





15時間と聞いてたバスは遅れ、 や っ っ と の思いでカ―カルビッタに到着したのは11時頃。
18時間も この地獄を よくぞ耐え抜いた。
疲労困憊もいいところ、さすがの私も体中バッキバキの満身創痍。
よろけるようにバスを降り、荷物を受け取る。




そして、バスに乗ってる間中 ずっと頭の隅にひっかかってた、
「最後 ハードディスク どこで見たっけ…?」
大丈夫だよねと思いつつ、荷物を開けてみた。
ない。 ない。 ない。 ハードディスクなーい!!



な、なんてこと…
全ての写真やらが入ってるハードディスクこそ、持ってる荷物の中で一番大事なのに!
バスに乗る前テンパリすぎててちゃんとチェックしなかったから、
どっかで落としたりしたんだろーか。
放心。頭まっしろ。落ち込みつつ、口から魂が出そうである。





でも しばし気絶したあと ずっとこうもしてられんと我にかえり、
とりあえずネパール出国&インド入国。



国境 (2)



ここからダージリンに行くには インド側の国境パニタンキから
まずはスィリグリへ行き、そこからダージリンへ。
もう私には一滴の力もございません。 後はなんとか、ダージリンまで…




スィリグリへ着いてダージリン行きのバスを訪ねると
インド人「これだ!乗れ!」 素直に乗る。



・・・なんか様子がおかしい。周りの人に尋ねる。これどこ行き?
「ネパールだよ。」



なんでやねん!!
私ダージリンに行きたいっていったでしょ!
なんで今来たネパールにまた戻るんじゃ!!
キレる。無駄足。 Uターン。




国境 (3)



そこから今度こそダージリン行きのジープを拾い、死んだように乗りこむ。
こっからがまた遠く、しかも標高どんどん上げるぐねぐねUピン道の連続。しんど…




国境 (4)



そしてやーっと、やーっと、辿り着いたダージリン。
激寒。はく息真っ白。何これ死ぬ!



震えつつ、坂道だらけの急坂を 荷物持って もはや息も絶え絶えに宿へ向かい
なんとかチェックイン。



もう埃まみれ、しかもここに来る前ネパールでも停電やらでシャワー浴び損ねて
もう3日もシャワー浴びてない。
待望のシャワーを極寒のダージリンの夜 勇気を出して浴びていたら、
ソッコー お湯が切れて 水シャワーに・・・ 水・・・ 水・・・



これはなんの試練なんでしょう。



国境



ネパールで気まぐれに100円くらいで買った 湯沸かしコイルがなかったら、
本気で死んでたよ。
ガッタガタ震えつつ お湯沸かして飲みまくった。
湯沸かしコイルちゃん、命を助けてくれてありがとう。




どうにもふんだりけったりしかしない日って・・・あるね。
そんなかんじで、無事といっていーのかってかんじだけど まぁ無事に、インド入国致しました。





ちなみにその後。
ひとずぎの希望をかけてスディールさんのところに電話してみたら、
大バカ者の私は、スディールさんのところにハードディスクを忘れていましたー!
バカ!でもあった!よかった!バカ万歳! 万歳じゃないけど!ごめんなさい!



しかしインドビザは1回出国したら2ヵ月間は再入国できなくなるので、
とりに戻ることもできない。
結果 これからインドへ向かう人に、運んできてもらうということになりました…
旅をする木 ならぬ、旅をするハードディスク。
スディールさんにも 運んでくれる人にも、大迷惑をかけてしまい反省です…
以後、忘れ物には もっともーっと、気をつけます(>_<) ごめんなさい!




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

お越し頂きありがとう!こちら1クリックもどうぞよろしくです♪


2012/01/21

ネパールでいちばんこの街が好き @バクタプル

2012年1月12日


カトマンズ盆地にいくつかある古都のひとつ、バクタプル
ここはかつて 交易で栄えた、ネワール族の街。



バクタプル (2)



ネパールで訪れた街の中で、ここがいちばん好きでした。
もちろんどこもよかったのだけど、
ここはほんとに 古都 というか、
日本でいうなら 京都の古びた路地に入りこんだような、
そんな雰囲気が 感じられて。



バクタプル



立派な広場もいいけれど、裏路地がいい。
バクタプルの中心地は 保護区になっていて、車も少なく静か。
いつかの時代に 迷いこんだような気分になる。



バクタプル (4)



細い路に入ったり、
天井の低い通路を くぐったり。


でも保護区といえども 人々の暮らしはそのままで、
みちすがら 日常がそこにあるのが またいい。



バクタプル (7)


バクタプル (9)



お母さんたちは 座り込んで編み物をしたり
野菜を売ってる人がいたり、
子供たちは 元気に遊びまわる。



バクタプル (8)



かたや ものづくりに没頭する人。
気の遠くなるくらい細かい仏画を、地道に 繊細に描いてた。



バクタプル (5)



有名な「孔雀の窓」。
  
  ~引用~
  ネパール工芸美術の最高傑作として世界的に評価されています。
  羽をいっぱいに広げた孔雀の周りには小さな鳥が35羽、
  そのほかにも幾何学模様や悪魔、動物などが彫りこまれ、
  見るものを圧倒する美しさを誇っています。




ネパールには 職人がいっぱいだ。



陶芸広場には たくさんの陶芸品が並べて売られていて、
その横では原始的なろくろで せっせと陶芸してる人がいたよ。



バクタプル (3)


バクタプル (6)



全体的にシンプルで、あらい。
長く使うものというより、どっちかというと使い捨て消耗品的なかんじで使ってるっぽい。
しかしネパールのお金 ほとんどが紙幣でめったにコイン使わないのに、
貯金箱いっぱい売ってるのはどして!?笑





心おきなく散歩して
バクタプル名物ヨーグルトのズーズーダウたんまり食べて。大満足です。
知らないうちにカズ君が 写真を撮ってくれてて、
ささっとこんな素敵に加工して渡してくれた。さすがデザイナー!



Windows フォト ギャラリー壁紙 - コピー



こういう、さらりと人を喜ばせちゃう技術を持ってるってステキだなー。
ありがとう。



ところでなぜ AYUMI CUBIC なのかというと。
イラストしりとりをしてたときに 私の前の人がルービックキューブを書いてたんだけど、
それが何かは分かったのに どーーーしてもしりとりがつながらない。
なぜ!!! どーーしてーーー!!!



その真相は 私はこれをルービックキューブと呼ぶと知らなくて、
いままでずっと「キュービック」って名前だと思ってたから。
猛烈な批判攻撃! キュービックなんて誰も聞いたことないと!!笑



負けじと私も
「これはキュービックだ!きっと地方によって名前が違うんだ!」とググってみるも、
キュービックじゃ 全然ヒットしなかった。。。
完敗である。


これキュービックって呼んでたの 私だけ?
ルービックキューブなんて 今の今まで聞いたことなかったよ!
負けは認めるけども、まだ腑に落ちん・・・。


じゃぁどっから私は これをキュービックと呼ぶようになったんやろ?
誰かキュービックって呼んでる人 いない??? 特に山口県の人とか!
気ーにーなーるーう!





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

お越し頂きありがとう!こちら1クリックもどうぞよろしくです♪



次へ>>

■  ☆最新の状況☆

中国~チベット~ネパール~インド~スリランカ~ヨルダン~イスラエル~エジプト~モロッコ→トルコ→インド→タイ→ラオス→中国→日本! 6/26 半年間ほったらかしでしたが久々に近況かきました。 その間コメント等下さってた方、ごめんなさい!いまさらですが返信しましたのでよければご覧ください。 今は京都にいます。ゼロからふりだし暮らし中。

■  プロフィール

AYUMMY

Author:AYUMMY
 2008年10月からはじまった、気のむくままの世界放浪、女ひとり なんちゃってバックパッカーも 気づけば4年目。
 オーストラリア、アメリカ大陸横断を経て、現在はアジア編。

 ふらふら歩き&かわいいもの探し大好き。
世界は無数のかわいいや わくわくであふれていて、旅中 毎日お散歩日和。

 旅の日常で 見た かんじたこと、私目線でゆるっと綴っています。

■  RANKING

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 ブログランキングに登録しているので、1日1クリック応援頂けるとうれしいです♪ここから、同じものに心を動かせる人の輪が広がるといいなと思って。

■  カテゴリ

はじめに (2)
このブログの見方 (1)
旅のルートと現在地 (1)
出発前 (5)
【旅日記その1:アメリカ大陸編】 (321)
メキシコ (10)
グアテマラ (10)
チリ (12)
アルゼンチン (17)
パタゴニア (19)
ウルグアイ (2)
ブラジル (26)
サルバドール(ブラジル) (0)
パラグアイ (8)
ボリビア(ウユニツアー) (4)
チリ(2回目) (14)
アルゼンチン(2回目) (7)
ボリビア(2回目) (43)
ペルー (10)
※香港へ脱線 (8)
※NYよりみち (2)
ペルー(2回目) (44)
エクアドル (16)
コロンビア (23)
中米(パナマ - エルサルバドル) (10)
グアテマラ(2回目) (22)
キューバ (1)
メキシコ(2回目) (11)
アメリカ (1)
日本(一時帰国) (1)
【旅日記その2:アジア編】 (70)
中国 (10)
チベット (3)
ネパール (8)
インド (40)
スリランカ (3)
ヨルダン (5)
ドバイ (1)
あゆみ屋雑貨店 (36)
ご当地料理たち (33)
世界の屋台あれこれ (18)
大好き☆おやつ (30)
宿のこと (89)
移動のこと (12)
旅写真 (1)
その他 (13)
イスラエル (9)
エジプト (0)

■  最新記事

■  全記事表示リンク

全ての記事を表示する

■  リンク

このブログをリンクに追加する

■  RSSリンクの表示

■  最新コメント

■  旅のマストアイテム

■  BACKPACKERS

前へ ランダム サイト一覧 次へ 参加申し込み

■  検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。