旅 × 雑貨 × 散歩

世界にあふれる かわいいもの すてきな景色を追っかけて ゆるゆる 地球 ひとり旅。       2012年12月。帰国しました。今は日本にいます。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/08/31

ゆるりものづくり楽しむ人たち @カファジャテ


2010年4月30日



カファジャテはセラミカ(陶器)づくりもさかんなところ」と聞いてたので
工房とかあるのかなーと思って、どこで見れるの?と聞いてみると、
「うーん… そこらへんっ」という返事。




P1080211.jpg



なんだそのアバウトさ?と思ったのも、歩いてみて納得。
外から見るとただの民家でしかない家で、前を通るときに中をのぞくと
こんなかんじで 陶器づくりにいそしんでたりするのである。



声をかけると 気軽にみせてくれるところ多数。
みなさまフレンドリー!
おかげでカファジャテ歩き中、どっかなんかやってないかな~♪と
常に民家をチラのぞきしてました。
うろうろ民家をのぞくあやしいアジア人。 通報注意ッ!




IMG_9613.jpg

IMG_9611.jpg



こんないかした工房とかもあったー!
中に入ると あたり一面ごろごろセラミカ。



IMG_9691.jpg



セラミカ学校なるものもあったよ。
生徒さんが粘土こねくり、食器や置物を作ってた。
あたしもつられてやりたくなっちゃったよー!(すぐつられる)




IMG_9723.jpg



こっちはシルバー工房、お店のよこに工房があって
つくってるところを見せてくれた。
あたしもつられて作りたくなっちゃったよー!(すぐつられるagain)



IMG_9728.jpg



シルバー工房にいたカワイイ子。しばしたわむれる☆
赤ちゃんって、笑顔のショットが撮れると 親でもないのに
むしょうにうれしくなっちゃうよねー?




それにしても・・・



P1080201.jpg


ここいらの陶器グッズの ゆる顔っぷりときたらどうでしょう。
作り手もまちもゆるいと 出来上がりまでこうなっちゃうのかしら。
こんなお面が ごまんと売ってます。
こんだけ見てまわっといてなんだけど、実用性も買う気もゼロ!
ごめんカファジャテッ!!(笑)








にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 遊びに来てくれてありがとう。こちら1クリックもどうぞよろしくね





スポンサーサイト
2010/08/31

カファジャテ渓谷と白ワイン @カファジャテ

2010年4月30日


サルタはの南にはカファジャテ渓谷という山地があって、
カファジャテ渓谷に沿って南下していくと
カファジャテという町がある。(そのまんま!)



アルゼンチンワインの産地と言えば、
赤はメンドーサ、白はカファジャテ。

メンドーサの方が格段に有名なんだけど、メンドーサは
大きい街なので、行くのがめんどくさくなって スルーしてきちゃった。
対するこちらカファジャテは、歩いてすぐ回れちゃう小さな町で、
そんな小さいまちの中に ワイナリーが点在しているという、
めんどくさがりかつ白ワイン派のあたしには有難い街である。




カファジャテ渓谷ツアーも旅行会社からたくさん出てるので
渓谷をしっかり見たいならツアー参加がbetterだけど、
あたしみたいにさらっと見るだけでよければ、
カファジャテまでのバスの窓からでもじゅうぶん拝めるよ。




P1080159.jpg


P1080236.jpg


P1080258.jpg




こーんな なかなかの絶景を通りすぎ、辿り着いたカファジャテは
まわり一面をぶどう畑に囲まれた、静かな小さなところ。





P1080217.jpg


IMG_9600.jpg




数ブロックで終わってしまう小さいまち。
街角に行きあたれば 青々と まわりに広がるぶどう畑。
車もほとんど走ってなくて、ゆったりした静けさが 気持ちいい。





IMG_9603.jpg


P1080190.jpg




町の中には ご親切にもこんなふうに「CAMINO de VINO(直訳:ワインの道)」と
書かれた標識がちょこちょこ出てるから、ワイナリーにも迷わず辿り着けちゃう。
どこも見学や試飲を受け付けてくれてるから、お散歩がてらのぞきましょう♪
カファジャテは白ワイン、なかでも「Torrontes」っていう銘柄が有名だそう。




あたしは町の中にあるワイナリーに3つほど行ってみたけど、
町の外にでれば もっと広くて大きいワイナリーがまだまだあるから
本気ワイナリー巡りをするなら、絶対町の外のも行くべし!
町から数kmの範囲に点在してるから、ワイン好き外人さんたちは
レンタサイクルで楽しそうに あちこち巡ってた☆
(ちなみにバスも一応あったけど、本数少なくて不便だった気がする)



ワイン好きにはうれしいまちだね!
チリ&アルゼンチンではほんとワインにお世話になったなぁ。
だってほんとに安いんだもん。
南米北上の旅、チリ・アルゼンチンとももうすぐお別れ。
さほどワイン好きなわけじゃないけど、これがなくなると思うと
ちょっとさみしいわ。




P1080222.jpg




ワインアイスも発見しちゃった!
アイスマニアとして、結局がこれがいちばんテンションあがったかも(笑)
このおっちゃんのてづくり自家製アイス。おっちゃん、ナイス!!






にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 遊びに来てくれてありがとう。こちら1クリックもどうぞよろしくね





2010/08/30

ご当地料理11☆ロクロ @アルゼンチン


ブエノスアイレスとかの南部では見なかったけど、
北部に来ると登場する 郷土料理のロクロ。
サルタで初めて食べたあと、北上しつつ何度もお世話になりました。
(以北、ボリビア・ペルーにもあった☆)

とうもろこし、豆、肉、にんじん、じゃがいも、その他野菜たち。
いろんな具をコトコト時間をかけて煮込んだとろりんスープ!




P1080067.jpg




スープといえどもけっこう重くて、1杯でじゅうぶんお腹いっぱい。
そ素朴な味の煮込みなわりには 意外と塩からい。
上の写真はこぎれいレストランのやつで 白皿で出てきたけど、
普通は素焼きの深皿で出てくるよ。




IMG_9756.jpg





サルタをはじめ、北アルゼンチンのどこでも食べれる定番料理。
プルママルカという小さな街で、住民に夜ごはんに呼ばれた時に
出てきたのも やっぱりロクロだったな。


素焼きのお皿でふぅふぅ食べる、ちょっと田舎チックなかんじがすき。







にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 遊びに来てくれてありがとう。こちら1クリックもどうぞよろしくね





2010/08/30

おやつタイム14☆サルタ菓子たち @アルゼンチン


サルタには、「サルタ風」と銘打った 手作り感のあるお菓子が
いたるところで売られてた。



IMG_9406.jpg



サルタ風と名前のついたもので いちばんよく見かけたのが、
うす焼きビスケットにメレンゲとキャラメルを足して2で割ったような
クリームが挟まった このお菓子、Turron Salteno。



IMG_9511.jpg



お土産屋さんに ずらっと並ぶお菓子たち。
こんなふうに 菓子折りみたいに箱に入ってるとこ、ひさしぶりに見た。
南米で箱詰め菓子なんて気のきいたもの、皆無に等しいんだよなぁ。
日本のお土産屋さん思い出す。



P1080022.jpg




見慣れたアルファホールなんかのお菓子も、素朴なてづくり感が
なんだかいいね!
お店の裏でこんなふうに 手作業で焼いたり詰めたりしてるから
愛着もひとしお。




P1080027.jpg




ここらへんはワインの産地で有名なほか、フルーツなんかの作物も
よく育つそう。
田舎風の手作り感を売りにした ジャムや食べ物、いろんな加工品も
たくさん売ってるよ!
このジャム達を使ったお菓子とかもまた種類豊富で 目移りしちゃう。




IMG_9505.jpg




ワインもいろいろ、ピンからキリまで。
おいしい手土産には 事欠かないサルタ☆
そいえば 民芸品市場では お菓子の試食もあったよ!
空港なんかのリッチな場所は別にして、日本以外のお土産屋で
試食あるとこ見たの、これが初めてかも。
ますます 日本的。







にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 遊びに来てくれてありがとう。こちら1クリックもどうぞよろしくね



2010/08/29

アルゼンチン・サルタの宿

HOSTAL DEL CENTRO
Address : Cordoba 83 Salta
Tel :+54 387 421 7426
Price :ドミトリー25アルゼンチンペソ



P1080265.jpg




バス停の客引きにテキトーについていった宿だったわりに良かった☆
街の中心からすぐそばだし、wifiあるキッチンある朝食goodスタッフ優しい、カンペキ♪
バス停の客引きが、バス停からホステルまでのタクシー代をサービスで
出してくれるのもありがたかったー☆
hostelbookersからでも予約できるそう。





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 遊びに来てくれてありがとう。こちら1クリックもどうぞよろしくね



2010/08/29

北アルゼンチンにやってきた @サルタ

2010年4月29日


快適なバスの旅を経て やってきたのは北アルゼンチン・サルタ。



IMG_9415.jpg


IMG_9437.jpg




教会が ピンクだったり 赤&ゴールドだったり 一味あって いいかんじ。
街中には アンティークな建物がたくさん残ってる。




IMG_9429.jpg



なぜか街中に多かった ポップコーン屋さん。
一緒に売ってるお菓子がカラフルでかわいい。








サルタは よいフォルクローレが聴けることでも 有名なところ。
夜になるとにぎわうという 鉄道駅周辺に繰り出してみると、
レストランやバーに交じって あちらこちらにぺーニャがいっぱい!
(ぺーニャとは フォルクローレ演奏の聴けるとこのことね)





IMG_9551.jpg


IMG_9552.jpg




初のぺーニャにテンションあがり、ビンボーパッカーのくせに
小奇麗なペーニャレストランに入っちゃった♪
まわりでワイン傾けるリッチなみなさんにまぎれるこぎたない人。
そんな場違い野郎にも優しいサルタペーニャの店員さんラブ☆



フォルクローレ演奏がよかったのはもちろんのこと、
踊り子と一緒になって踊るお客さんたちのはしゃぎっぷり、かわいかったなぁ!
落ち着いてたのは最初のうちだけ、途中からはもうお客さん
ほとんど総立ちだったもん。
何歳になっても手をとりあって踊る おじいちゃんおばあちゃんは素敵。


夜の12時前頃 さすがにあんまり遅くなるのも怖いから帰ったけど
まだまだ盛り上がってたよ。
アルゼンチンの夜は ホントに長い。




IMG_9584.jpg


IMG_9588.jpg



夜の帰り道には 昼間のカラフルな教会が表情を変えて、
今度はこんなにきれいにライトアップ。




IMG_9528.jpg



そして 丘から見下ろすサルタの夜景色。
きれーい!






おんなじアルゼンチンでも、ブエノスアイレスとかの南の方とは
またぜんぜん雰囲気が違うサルタ。


「ナンチャラカンチャラ サルタ風」
ってな、サルタ風を全面に押し出したご当地料理がやたら多かったり
「手作り 田舎風」
なかんじをアピールした、お菓子やジャムやワインがいっぱい売ってたり。



どうもサルタは
「次の週末は香川にうどん食べに行こう」的ノリでアルゼンチン人が


「サルタにおいしいごはんを食べに行こー!」
「サルタにいい音楽を聴きに行こー!」
「サルタでおいしいジャムとワインを買ってこよー!」

っと国内旅に訪れるよな、そんなニュアンスの街に違いない。



観光地ではあるけれど、外人がどっさり訪れるような有名どころみたいに
ギラギラしてなくて、もっとほのぼのホームなかんじ。

ちょっと足を延ばせばすぐそばに ウマワカ渓谷やカファジャテ渓谷、
いろいろ見どころもたくさんだから ちょこ旅にもちょうどいいよね。



おおきな紙袋をぶら下げて 楽しそうに街をゆく家族連れなんかを見かけては
あぁ、週末家族旅行かなぁ? なんて勝手に想像したりして
あたしも つられ笑顔になっちゃうよな。


特に期待もなく向かったわりに、意外と気に入っちゃったサルタだったのでした☆







にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 遊びに来てくれてありがとう。こちら1クリックもどうぞよろしくね








2010/08/28

おやつタイム13☆アルファホール @アルゼンチン



アルゼンチン人の大好きおやつ、ALFAJOR(アルファホール)。


アルゼンチン中、どこに行っても必ず山積みに売られてる。
南米のどこでも売ってるけど、とりわけ
アルゼンチン人のアルファホール好きは 他の国の比ではない!



IMG_8041.jpg




何かにつけてアルファホールをお目にするのではありますが、
27時間バスのメニューが、
夜ごはん:食後のおやつにアルファホール
朝ごはん:コーヒーとアルファホール
昼ごはん:食後のおやつにアルファホール


だったのには さすがにびっくり。
3食連続これって!
朝ごはんにもコーヒー&これ(ってかこれのみ)って!
違うお菓子も食べようよ!(笑)





IMG_6170.jpg



中にクリームの入ったビスケットサンドのことで、
中に入っているのは たいていドゥルセ・デ・レチェ。
(キャラメルみたいな味のミルク風味のやつね)


シンプルにビスケット&クリームだけのやつ、
チョココーティングされてるやつ、
3段重ねになってるやつ etc etc・・・
種類もたーくさんあるから どんどん試しましょう☆
パン屋さんにもよく売ってるよ。
手のひら小サイズでも意外と高カロリー、食べ過ぎ注意♪






にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 遊びに来てくれてありがとう。こちら1クリックもどうぞよろしくね



2010/08/28

アンデス越えてアルゼンチンへ

2010年4月29日


サンチャゴから次に向かったのは、
メンドーサ経由~北アルゼンチンのサルタ。

アンデス山脈を越えるバス風景は、ただの移動景色と呼ぶには
もったいないくらいきれいだった!




P1070004.jpg



P1070008.jpg




走り出しのうちは 緑 緑、そしてそのうち ごつごつ雄大な山風景に。
バスはぐんぐん高度をあげて、ぐねぐねの坂道を登っていく。
ハイパーUピンカーブ続出、こんだけ高い山を越えようと思ったら
やっぱりこういう道になっちゃうのね。




P1070013.jpg



いろは坂みたいに、カーブごとに番号ついた標識が立ってたよ。
20番くらいまであったかな?








それにしても チリ・アルゼンチンのバスはレベルが高いとはいうけれど、
メンドーサからサルタ行の27時間バスに乗ったときには
その充実っぷりにびっくり!




P1070038.jpg




バスがきれいで 映画なんかが上映されてるのはもちろん、
ごはんもしっかり3食付き、ブランケットとかもこまめに
世話焼いてくれたりと サービス飛行機ばり、
しかも エンターテイメントにビンゴゲームまで始まっちゃったよ!




P1070036.jpg




渡された小さな紙とスティック、
どうやってやるのかなーと思ったら、この数字が全部空けば
ビンゴだそう。
全部!?と思ったら、はじまったとたん日本のビンゴの数倍の勢いで、
じゃんじゃん数字が読み上げられていきました。



ビンゴー!!



には残念ながらならなかったけど、こんなサービスまであるなんて
アルゼンチンバス、ナイス!






にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 遊びに来てくれてありがとう。こちら1クリックもどうぞよろしくね



2010/08/28

チリ(2回目)編 まとめ


チリ(2回目)編 全記事リスト。



<旅日記>
 ・ウユニからチリ抜けして@サンペドロ・デ・アタカマ
 ・アタカマでゆるゆると@サンペドロ・デ・アタカマ
 ・海鮮の誘惑に乗せられて…汐見荘again@ビーニャ
 ・毎日通った魚市場@ビーニャ
 ・ご馳走ずらりっ!@ビーニャ
 ・サンチャゴでまさかの定住生活@サンチャゴ
 ・イースター島への玄関口@サンチャゴ
 ・イスラネグラへ日帰りお出かけ@サンチャゴ
 ・博物館で腹をかかえるの巻@サンチャゴ
 ・チリ人の味覚って・・・@サンチャゴ
 ・パオラ~果てなきラティーナの魅力~@サンチャゴ
 ・さよならTALES@サンチャゴ
 ・キティちゃんが!@サンチャゴ



<あゆみ屋雑貨店>
 ・雑貨めぐり11☆アタカマは雑貨もおしゃれ@チリ
 ・雑貨めぐり12☆サンチャゴの民芸品市場@チリ



<ご当地料理たち>
 ・ご当地料理09☆ポロートス@チリ
 ・ご当地料理10☆パステルデチョクロ@チリ



<世界の屋台あれこれ>
 ・世界の屋台11☆Mote con Huesillos@チリ
 ・世界の屋台12☆Sopaipilla@チリ



<宿のこと>
 ・チリ・サンペドロ・デ・アタカマの宿
 ・チリ・サンチャゴの宿



<移動のこと>
 ・チリ移動情報







にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 遊びに来てくれてありがとう。こちら1クリックもどうぞよろしくね



2010/08/28

チリ移動情報

チリで使用した路線のバス情報。




●サンペドロ・デ・アタカマ → ビーニャ
 25500チリペソ(約51ドル)
 約24時間
 ※時間帯によって料金が違います。
  もっと安くあげたい場合、直行便じゃなくてカラマ経由にすると
  もう少し安くなるよ。
  車窓からアタカマ砂漠とか見えちゃいます。(詳細コチラ☆




●ビーニャ → サンチャゴ
 2000チリペソ(約4ドル)
 約2時間
 ※頻発、バス会社も複数あるのでターミナルに行けばすんなり乗れる。
  たしか学割の使えるバス会社があったはず!
 




●サンチャゴ → イスラネグラ
 約3000チリペソ(約6ドル)
 約2時間
 ※これも時間帯、バス会社によって若干料金が異なるけど
  だいたい2800~3200チリペソの間。





●サンチャゴ → メンドーサ(アルゼンチン)※国境越え
 10000チリペソ(約20ドル)
 約6時間
 ※ミニバスを値切っての値段。大型バスだともうちょっと高いけど、
  アンデス山脈越えするので バスが苦手な人とかはしっかりした
  大型バスで行ったほうがいいのかも。






サンチャゴ以南、パタゴニアエリアについてはコチラ参照






にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 遊びに来てくれてありがとう。こちら1クリックもどうぞよろしくね





次へ>>

■  ☆最新の状況☆

中国~チベット~ネパール~インド~スリランカ~ヨルダン~イスラエル~エジプト~モロッコ→トルコ→インド→タイ→ラオス→中国→日本! 6/26 半年間ほったらかしでしたが久々に近況かきました。 その間コメント等下さってた方、ごめんなさい!いまさらですが返信しましたのでよければご覧ください。 今は京都にいます。ゼロからふりだし暮らし中。

■  プロフィール

AYUMMY

Author:AYUMMY
 2008年10月からはじまった、気のむくままの世界放浪、女ひとり なんちゃってバックパッカーも 気づけば4年目。
 オーストラリア、アメリカ大陸横断を経て、現在はアジア編。

 ふらふら歩き&かわいいもの探し大好き。
世界は無数のかわいいや わくわくであふれていて、旅中 毎日お散歩日和。

 旅の日常で 見た かんじたこと、私目線でゆるっと綴っています。

■  RANKING

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 ブログランキングに登録しているので、1日1クリック応援頂けるとうれしいです♪ここから、同じものに心を動かせる人の輪が広がるといいなと思って。

■  カテゴリ

はじめに (2)
このブログの見方 (1)
旅のルートと現在地 (1)
出発前 (5)
【旅日記その1:アメリカ大陸編】 (321)
メキシコ (10)
グアテマラ (10)
チリ (12)
アルゼンチン (17)
パタゴニア (19)
ウルグアイ (2)
ブラジル (26)
サルバドール(ブラジル) (0)
パラグアイ (8)
ボリビア(ウユニツアー) (4)
チリ(2回目) (14)
アルゼンチン(2回目) (7)
ボリビア(2回目) (43)
ペルー (10)
※香港へ脱線 (8)
※NYよりみち (2)
ペルー(2回目) (44)
エクアドル (16)
コロンビア (23)
中米(パナマ - エルサルバドル) (10)
グアテマラ(2回目) (22)
キューバ (1)
メキシコ(2回目) (11)
アメリカ (1)
日本(一時帰国) (1)
【旅日記その2:アジア編】 (70)
中国 (10)
チベット (3)
ネパール (8)
インド (40)
スリランカ (3)
ヨルダン (5)
ドバイ (1)
あゆみ屋雑貨店 (36)
ご当地料理たち (33)
世界の屋台あれこれ (18)
大好き☆おやつ (30)
宿のこと (89)
移動のこと (12)
旅写真 (1)
その他 (13)
イスラエル (9)
エジプト (0)

■  最新記事

■  全記事表示リンク

全ての記事を表示する

■  リンク

このブログをリンクに追加する

■  RSSリンクの表示

■  最新コメント

■  旅のマストアイテム

■  BACKPACKERS

前へ ランダム サイト一覧 次へ 参加申し込み

■  検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。