旅 × 雑貨 × 散歩

世界にあふれる かわいいもの すてきな景色を追っかけて ゆるゆる 地球 ひとり旅。       2012年12月。帰国しました。今は日本にいます。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/05/30

コロンビア・カリの宿


Jovita's Hostel & School of Salsa
Address : Calle 4#5-43, San Antonio Cali
Price : ドミトリー15000ペソ(約8.5ドル)



カリ宿 (2)  カリ宿



キッチンあり、wifiフリー、コーヒーフリー。
治安のよくないカリの中で比較的安心なエリア、サンアントニオ地区にある宿。
ここはサルサ教室が併設されてて、宿泊者はなんと無料でレッスン受けれます。


サルサを見にカリに来たものの、ひとりで夜サルサテカに遊びに行くのは
いやだなーと思ってたら、ここのサルサの先生とかめっちゃフレンドリーで、
宿の子や先生、先生の友達etcみんなで出かけれたからよかった!


一番安いドミは部屋狭めでベッドも固かったけど 宿自体は居心地よく、
みんなで遊べた 思い出の宿。





<カリ・サルサ情報>


カリの中でも数軒 ここぞというサルサテカがあって、ベストな場所は曜日による。
あたしは半年カリに住んでたイギリス人に、
「木曜日の Tin Tin Deo が最高!」と聞いてきてたんだけど、
カリに来てみたら カリの人たちもやっぱみんな知ってた。
Tin Tin Deoはちょっと郊外なので、宿からはタクシーで6000ペソくらい。


エントリーは5000ペソ(男は10000だったかな?)かかるけど、
これはそのまま5000ペソ分のドリンクチケットとして 中で使える。


他にもいろいろあって 地元ッ子はみんな知ってるから、
何曜日 どこに遊びに行くのがいいか、地元の人に聞いてみるべし!






にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

お越し頂きありがとう!こちら1クリックもどうぞよろしくです♪


スポンサーサイト
2011/05/29

カリエンテ、カリ! @カリ


2011年1月25日~28日



カリエンテ、カリ!


アジア的熱気 カリの街で、カリ人たちの眠らない夜。
男女よりそって 細かなステップ激しく サルサのリズム、
バービー人形さながらの女の子が 踊る 踊る!!!





カリ (2)




見ているだけで歓声をあげたくなる 見事な踊りっぷり。
すごい! すごい!
興奮して 口をあけるあたしに 隣にいたイギリス人が つぶやいた。
「まるで何かのコンテストでも見てるみたいだ。彼らはただ普段のものとして
 踊ってるだけなのにね。」





これがサルサの国コロンビアの、同じコロンビア人同士にさえ
「カリのサルサはほんとに最高!」と 羨望のまなざしを向けさせる、
カリのサルサの実力か。





カリ (3)




ここじゃ 踊れない者は USELESS。
ためしに一緒にいたコロンビアーナの女の子に
「サルサが踊れない男なんて興味ない?」と聞いてみたら、
当たり前じゃないというふうに笑いながら
「踊れない男に恋なんかしないわー」って言ってた。




そりゃそうだ、どんなに踊りがうまくてかわいい女の子だって、
相手の男の踊りがダメじゃ 台無しだもの。
逆に踊れない女の子でも、男のエスコートが上手ければ キラキラ上手に見えちゃう。



女の子を輝かせる術を、男は知らねばならないのです。





カリ (4)




夜が更けるほどに、人は増えて、活気は増して。
このレベルのサルサが ごく日常のカリ、リスペクト!



「カリは何もないただの都会だけど、サルサは素晴らしいから行け!」
と押されて来たのだけど、確かにその価値ありました。
プロの舞台を見に行くのじゃ絶対味わえない、日常の風景だからこそのライブ感。




カリ (5)



ちなみに街自体は、なんにもおもしろくなかった。
標高下がったおかげで 他の街よりいっきに暑く アジア的な雰囲気になって、
雑多に賑わう 街や屋台ひやかしたり、そんくらい。
なんでアジア的気候の街って、どこも共通した雰囲気があるんだろ。



カリ (6)



メインストリートには、サルサテカ(サルサ版ディスコ)がいっぱい。
夜になったら、踊りくれるコロンビア人で あふれるんだろうなぁ。




カリ (8)


カリ (7)




サンアントニオって、小さい丘のふもとに滞在してました。
このへんは、喧騒からも少し離れて、悪くなかった。
マンホールのふたが かわいいの。






にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

お越し頂きありがとう!こちら1クリックもどうぞよろしくです♪


2011/05/18

コロンビア・サンアグスティンの宿



POSADA CANPESINA
Address : ?
Price : ドミトリー12000ペソ(約6.5ドル)




宿 (2) 宿 宿 (3)




サンアグスティン周辺にはFINCA(フィンカ。別荘みたいな農園付きのおうち)が
たくさんあって、のんびりした自然の中に泊まれる。
サンアグスティン中心部にも宿はあるけど、せっかくここまで来たなら
FINCAに泊まるのがおすすめ。


サンアグスティンに旅行会社が数軒あって そこで予算に応じて紹介してもらえる。
私が行ったPOSADA CANPECINAは こぢんまりとした民宿みたいで、
年季が入った古さではあったけど なかなか快適でした。
おばあちゃんたちが1日何度も「コーヒー飲む?」って淹れてくれたし、
なにより朝ごはんが豪華でとってもすてきだった☆
コーヒー、チョコラテ、パン、手焼きのアレパ、グラノーラ入りオートミール、
フルーツサラダ。これで3000ペソだったかな。朝からお腹ぱんぱん。





CASA DEL JAPONESって宿もあって、日本人の間ではぼちぼちメジャーらしい。
欧米人には、なんとかフランセッサとかいうとこが人気っぽい。
あんまりセントロから遠いとこに泊まると、交通手段がタクシーしかないから
セントロに出るときはちょっと不便かも。







にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

お越し頂きありがとう!こちら1クリックもどうぞよろしくです♪


2011/05/17

ゆるキャラに囲まれてFINCAでのんびり。@サンアグスティン

2011年1月21日~23日



ペルーあたりには あんなにうんざりするほどあったのに、
コロンビアには あんまり遺跡っていうものがない。
その数少ない遺跡スポットのひとつが、サンアグスティン。




サンアグスティン (3)


サンアグスティン (11)




のんびりした自然の中に 小さな遺跡がぽろぽろ点在していて、
ジープツアーや乗馬なんかで自然の中を堪能しつつ、遺跡めぐりを同時に楽しむ場所。
私もごたぶんにもれず、1日めはジープツアー、
2日目はパルケアルケオロヒコ(意外と広い!)に行って自然&遺跡を満喫した。




サンアグスティン (12)




した。




のだけど・・・





いかんせんここらの遺跡、ゆるキャラ多すぎで 真面目に鑑賞不可能!笑




博物館とかもいくつかあるんだけど なんかなにかにつけて
絵ひとつとってみても




サンアグスティン (2)




まじまじ見てると




サンアグスティン (6)




まっぱで陽気に駆け回る少年たちと、その横にはいじらしい顔で
もじもじしてる石像くん。 その親指はなんなんだい? とかなーんか



何見ても笑いにしかもってけない(笑)





いろんな遺跡を回ってみても、待ってるのはもれなくゆるゆるの




サンアグスティン (10)




でへへへへ




サンアグスティン (4)




ニカーッ




サンアグスティン (13)




にまぁっ(左上) ぽよーん(右上) ほえー(左下) ずよーん(右下) ・・・ エンドレース




ひたすら こーんな子たちばーっかりー
それ本気!?って突っ込まずにはいられない子たちばーっかりー!







周囲の景色自体はごく普通で、とりわけ素晴らしいとか変わったことはないし、
遺跡もそんなたいそうなもんではない。
でも、田舎にやってきて たっぷりの自然に囲まれた宿でまったり過ごして、
お散歩がてら 遺跡まわって お気にいりのゆるキャラ探してくすくす笑って。
そんな のんびりを過ごすのが、きっとサンアグスティンの楽しみ方。




サンアグスティン (7)


サンアグスティン (8)




サンアグスティンにはFINCA(フィンカ)がたくさん。
フィンカっていうのは 田舎の別荘みたいなところ。
一般には、農園を併設してるところのことを言うらしい?



ここでハンモックにゆられたり、フルーツの木々の生える庭を歩いたり、
おばあちゃんのいれてくれるコーヒーを飲んでるだけで 幸せだった。
ていねいに用意してくれた朝ごはんを、時間かけてゆっくり。贅沢な朝。







ペルーはエクアドルの宿はいつもシングルだったけど、
コロンビアに入ってから物価があがったせいか、ほとんどの宿で
一番安い部屋はドミトリーになった。
今までシングルで快適に過ごしてきたぶん「ドミか…」ってはじめは思ってたけど、
同じ部屋に泊まってる人との交流が増えるのは ドミのいいところ。



おかげでここんとこずーっと1人行動づくめだったのが、コロンビア来てから
欧米バックパッカーと一緒になることが 一気に増えた。
そもそもここサンアグスティンに来たのも、ポパヤンのドミで同室だった女3人で
一緒いっちゃおっか!イェイって盛り上がった由のなりゆき。




サンアグスティン


サンアグスティン (5)




その成り行きは8人くらいにまでふくれあがって、大盛り上がりほんと楽しかった!
欧米人と長い時間を過ごすのは 言葉の壁がめんどくさくてつい避けがちだったけど、
なんだ ちゃんと向き合って 自分が交流しようという気持ちを持てば、
ちゃんと楽しめるんじゃんって、思い直させてくれた。
もっとその場で流して逃げず、めんどくさいこと めんどくさがらずに
関わろうとしてこ。 いろんな 人と。




サンアグスティン (9)




かわいくて お気に入りだったポスター。
子供が 遺跡のゆるキャラと、おんなじ顔して遊んでる。
子供はきっと 石の遺跡のゆるキャラとでさえ、壁なく交信できちゃうんだ。







にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

お越し頂きありがとう!こちら1クリックもどうぞよろしくです♪




2011/05/16

コロンビア・ポパヤンの宿

HOSTEL TREIL
Address : Carrera 11 No. 4-16 Popayan
URL : www.hosteltrailpopayan.com
Price : ドミトリー16000ペソ (約8ドル)



宿 (3) 宿 (4)



キッチン付き、wifiフリー、リビングでコーヒーフリー。きれいなDVDルームもある。
たぶんポパヤンで一番人気のバックパッカー宿。
着いた日は予約いっぱいで入れなかったので、前もって予約したほうがいいかも。


情報もいろいろあって、これからコロンビアを回るにあたって
コロンビア国内のいろんな街のHOSTEL CARDをここでいっぱいもらっていった。





PASS HOME
Address : Calle 5 10-114 Popayan
Price : ドミトリー18000ペソ



宿 (5) 宿 (6)



TREILがいっぱいで、紹介してもらって行った近所の宿。
wifiフリーでキッチンとかはなし。
まぁきれい。でも特に特徴はなく、とりあえずふつう。





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

お越し頂きありがとう!こちら1クリックもどうぞよろしくです♪



2011/05/15

コロンビアインディヘナに会いに火曜市へ @ポパヤン


2011年1月19~21日、24~25日



コロンビアのバス移動の 車窓風景は、素晴らしいの一言に尽きるのだ。
緑濃い 雄大な山のうねりの中を ぐんぐんと進んでく。
移動するなら 断然昼がいい。



シルビア (9)




そうしてやってきた街は ポパヤン。
この町には、近くのシルビアという街で開かれる火曜市に足をのばすために来たのです。




シルビア


シルビア (2)




シルビアの街と、火曜市。
市の日以外は ひっそり小さな 山間の街。


ここに来たかったのは、火曜市にやってくる コロンビアインディヘナの姿が見れるから。




シルビア (4)


シルビア (5)




巻きスカートとポンチョを着て 帽子をかぶった、かわいいコロンビアインディヘナ。
髪形も服装も、今まで見てきたインディヘナたちと 全然雰囲気が違う。


彼らはこの街に住んでいるわけではなくて、市の日だけそれぞれの村から
お買いもののために シルビアに集まってくるのです。




シルビア (6)




女の人は、おかっぱさんが多かったなぁ。




シルビア (3)




小さい女の子も、まるでミニチュアちゃんみたい。




シルビア (7)




こんなふうに、肩からかばんをぶらさげてる人多し。


このへんのインディヘナたちは写真とか好きじゃないから撮っちゃだめだよとか
聞いていたから あまり近寄ったりしないほうがいいのかなぁと思ってたけど、
話しかけたら 意外と笑顔であったかに 相手してくれた。
朝ごはんにバナナ1本買おうとしたら あげるよーってくれたり、
話に花がさいて しばらくひきとめられたり。
メルカドで売ってるものや屋台ごはんも、他の街より安かったし。



全然新しいタイプのインディヘナに会えて、ごくローカルな彼らの
日々の風景に混じり込んで。 ご機嫌だった シルビア訪問だったのです。







ちなみにポパヤンは、白い街並みを売りにした中くらいの観光地。




シルビア (10)


シルビア (8)




よくある白い街並みの中では あまりたいしたことはなかったけど、
夜 カラフルライトアップしてたり、ちょっとがんばってるかんじでした。




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

お越し頂きありがとう!こちら1クリックもどうぞよろしくです♪



2011/05/14

コロンビア・イピアレスの宿


Hotel Belmonte
Address : Carrera 4a No,12-111
Tel : 7732771
Price : シングル12000ペソ(約6.5ドル)




宿 宿 (2)



イピアレスの安宿。シングルルームでけっこう広くて、
鏡台とか机とかあってけっこう快適に使えた。シャワートイレ共同。


コロンビアに入ると物価があがるっていうけど、
エクアドルとの国境のこの街はまだ安い。
こっから北上してくに従って、だんだん物価あがってく。






にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

お越し頂きありがとう!こちら1クリックもどうぞよろしくです♪



2011/05/13

渓谷に凛と建つ @イピアレス


2011年1月18日~19日


エクアドルからコロンビア最初の街、イピアレスにやってきた。




イピアレス (11)


イピアレス (12)




ここは国境越えに通過する小さな街でしかないのだけど、
通りすぎては いけないのだ!




だって こんな山の中の




イピアレス




深い渓谷に・・・




イピアレス (7)




こんな素敵な教会が建ってるんだもの。



ラス・ラハス教会。 はしの教会。




イピアレス (5)




あたりは滝も数本流れて、見下ろせばこんな深い谷。
渓谷の下を トレッキングもできるよ。




イピアレス (8)


イピアレス (6)


イピアレス (4)




山の中にふいに現れるその姿は 凛として、
繊細なフォルムは なんだか女性的。
教会はごまんと見てきたけど、その中でもここは けっこうお気に入り。




コロンビア人にとってもここは いつか行ってみたい憧れの場所らしくて、
訪れているのは海外からの観光客より、地元の人が多いかんじ。




イピアレス (9)




教会に続くまでの道の壁にはびっしりと メッセージ版が埋め込まれてて、
お墓参りをするみたいに そこにお供え物をしてる人がいた。
こういう習慣なのかなぁ?




イピアレス (2)


イピアレス (3)




本のかたちとかハート型とかあって かわいい。




イピアレス (10)




教会に向かうまでの参道は、キリスト教グッズを売ってるお店でいっぱい。
私たちがお寺にお参りに行った時、お守りとか絵馬とかいろいろ
買いたくなっちゃうのと、やっぱり宗教違えど気持ちはおんなじだね。






にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

お越し頂きありがとう!こちら1クリックもどうぞよろしくです♪


2011/05/12

エクアドル編 まとめ



エクアドル編の 全記事リストはこちら☆



<旅日記>
 ・世界三大ご長寿村、ビルカバンバ@ビルカバンバ
 ・サンタ・アナ・デ・ロス・リオス・クエンカ。@クエンカ
 ・イグアナ三昧!@グアヤキル
 ・喧騒の大都会、グアヤキル@グアヤキル
 ・エクアドルの太平洋に向かって@プエルトロペス
 ・ツナ缶と造船の港町@マンタ
 ・旅を終えることを初めて考えた日@マンタ
 ・バスの売り子に対する素朴な疑問を実験してみた
 ・エクアドルの温泉でのんびり♪@バーニョス
 ・キロトアの静かな深い夜。@キロトア
 ・キト旧市街とバシリカ教会@キト
 ・南半球と北半球をまたにかけるのだ!@キト
 ・土曜市と、かわいい衣装のオタバロ族@オタバロ



<あゆみ屋雑貨店>
 ・雑貨めぐり23☆南米最大!オタバロの民芸品市@エクアドル



<ご当地料理たち>
 ・ご当地料理22☆豪快!豚の丸焼き@エクアドル
 ・ご当地料理23☆エクアドル庶民料理たち@エクアドル
 ・ご当地料理24☆ラタクンガ名物Chugchucara@エクアドル



<大好き☆おやつ>
 ・おやつタイム21☆バーニョスで飴をねりねり@エクアドル
 ・おやつタイム22☆エクアドルでマストなアイス3種類!@エクアドル



<宿のこと>
 ・エクアドル・ビルカバンバの宿
 ・エクアドル・クエンカの宿
 ・エクアドル・グアヤキルの宿
 ・エクアドル・プエルトロペスの宿
 ・エクアドル・マンタの宿
 ・エクアドル・バイーア&カノアの宿
 ・エクアドル・バーニョスの宿
 ・エクアドル・キロトア湖の宿
 ・エクアドル・キトの宿
 ・エクアドル・オタバロの宿
 ・

<移動のこと>
 ・エクアドル移動情報






にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

お越し頂きありがとう!こちら1クリックもどうぞよろしくです♪


2011/05/11

エクアドル移動情報


エクアドルで乗った路線のバス情報。



●ピウラ(ペルー) → ロハ(夜行) 
 28ソル(約10ドル)/ 所要約8時間半
 ※Roja International社の21:00発。国際バスなので国境越えラクチン♪




●ロハ → ビルカバンバ
 1ドル / 所要約1時間半
 ※ペルーから夜行で来ると早朝5時台にロハに着いてしまうけど、
  6時15分からビルカバンバ行きの始発が出ててありがたかった。
  頻発で、たしか30分おき or 1時間おきくらいに出てたと思う。




●ロハ → クエンカ
 7.5ドル / 所要約4時間
 ※クエンカのバスターミナルは少し離れてるので、タクシーorバスで
  市内まで出る。
  市バスが終わるのけっこう早いので、夜8時とかに着くともうバスないかも。




●クエンカ → グアヤキル
 6ドル / 所要約4時間半
 ※グアヤキルのバスターミナルは、ショッピングモール併設でめっちゃ大きい。
  市内からもだいぶ遠くて、メトロorバスで市内へ出る。




●グアヤキル → プエルトロペス
 4.2ドル / 所要約4時間 
 ※グアヤキルのターミナルから直行あり。
 



●プエルトロペス → マンタ
 3ドル / 所要約2時間
 ※これも頻発。プエルトロペスのメルカドそばから。18時くらいまである。




●マンタ → ロカフエルテ → バイーア
 マンタ~ロカフエルテ:1ドル / 所要約1時間
 ロカフエルテ~バイーア:1.5ドル / 所要約1時間
 ※マンタからバイーアまでの直行は本数が少ないので、ロカフエルテまで行って
  乗り換えた方が早い。料金も変わらない。




●バイーア → カノア
 バイーアから船で対岸のサンビセンテへ 0.3ドル / 10分くらい?
 サンビセンテからはバスでカノアへ   0.5ドル / 約30分
 ※どちらも頻発なので、行けばすぐ乗れると思う。
  何時まであったかは、忘れちゃった。




●カノア → キト
 私が行った時ちょうど カノア-キト路線を走るReyna del Caminoって
 バス会社が運休してて、別の遠回りルートを使ったので料金・時間不明。
 でも、今はもうReyna del Caminoの直行便が復旧してるはず。
 



●キト → バーニョス
 4.2ドル / 約3時間
 ※バーニョスは小さい街なので、バスが止まるとこと街のセントロはすぐそば。
  治安いいから夜遅めに着いても心配なし。




●バーニョス → ラタクンガ
 2ドル / 約2時間
 ※頻発。バーニョスからキト方面行きのバスに乗る。




●ラタクンガ → キロトア
 2ドル / 約2時間半
 ※Zumbahuaまで2時間、そこからキロトアが30分。
  ラタクンガからキロトアに向かうときは そんなに困らない。
  問題は、キロトアからラタクンガに帰るときで、1日2~3便しかないので要注意。
  (ラタクンガーZumbauua間はそれなりに本数があるんだけど、Zumbauhua-キロトア間がとにかく不便)




●ラタクンガ → キト
 2ドル / 約2時間
 ※キトのターミナルにメトロが直結してるので、それで市内へ出る。




●キト → 赤道記念碑(宿:スクレから)
 La Martin駅からメトロバスに乗ってOfeliaまで。0.25ドル
 OfeliaからMitad del Mundo行きのバスに乗り換え。0.15ドル
 ※近いようで意外と時間かかります。




●キト → オタバロ
 2ドル / 約2時間
 ※オタバロ行きはキトのノルテバスターミナルから出てる。
  確か最終が19:30だったかな?




●オタバロ → イバラ
 0.45ドル / 約50分




●イバラ → トゥルカン(エクアドル側国境)
 2.5ドル / 約2時間半




●トゥルカン → イピアレス(エクアドル-コロンビア国境越え)
 まずはトゥルカンからコレクティーボでエクアドル側の国境の町、ルミチャカへ。0.75ドル。
 出国スタンプもらったらコロンビア側の国境の町、イピアレスで入国スタンプ。
 国境からイピアレスのセントロまでコレクティーボで0.75ドル。
 ※ルミチャカ行きのコレクティーボはトゥルカンのセントロの広場から出てるけど、
  バスターミナルから歩くとけっこう遠い!
  







にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

お越し頂きありがとう!こちら1クリックもどうぞよろしくです♪


次へ>>

■  ☆最新の状況☆

中国~チベット~ネパール~インド~スリランカ~ヨルダン~イスラエル~エジプト~モロッコ→トルコ→インド→タイ→ラオス→中国→日本! 6/26 半年間ほったらかしでしたが久々に近況かきました。 その間コメント等下さってた方、ごめんなさい!いまさらですが返信しましたのでよければご覧ください。 今は京都にいます。ゼロからふりだし暮らし中。

■  プロフィール

AYUMMY

Author:AYUMMY
 2008年10月からはじまった、気のむくままの世界放浪、女ひとり なんちゃってバックパッカーも 気づけば4年目。
 オーストラリア、アメリカ大陸横断を経て、現在はアジア編。

 ふらふら歩き&かわいいもの探し大好き。
世界は無数のかわいいや わくわくであふれていて、旅中 毎日お散歩日和。

 旅の日常で 見た かんじたこと、私目線でゆるっと綴っています。

■  RANKING

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 ブログランキングに登録しているので、1日1クリック応援頂けるとうれしいです♪ここから、同じものに心を動かせる人の輪が広がるといいなと思って。

■  カテゴリ

はじめに (2)
このブログの見方 (1)
旅のルートと現在地 (1)
出発前 (5)
【旅日記その1:アメリカ大陸編】 (321)
メキシコ (10)
グアテマラ (10)
チリ (12)
アルゼンチン (17)
パタゴニア (19)
ウルグアイ (2)
ブラジル (26)
サルバドール(ブラジル) (0)
パラグアイ (8)
ボリビア(ウユニツアー) (4)
チリ(2回目) (14)
アルゼンチン(2回目) (7)
ボリビア(2回目) (43)
ペルー (10)
※香港へ脱線 (8)
※NYよりみち (2)
ペルー(2回目) (44)
エクアドル (16)
コロンビア (23)
中米(パナマ - エルサルバドル) (10)
グアテマラ(2回目) (22)
キューバ (1)
メキシコ(2回目) (11)
アメリカ (1)
日本(一時帰国) (1)
【旅日記その2:アジア編】 (70)
中国 (10)
チベット (3)
ネパール (8)
インド (40)
スリランカ (3)
ヨルダン (5)
ドバイ (1)
あゆみ屋雑貨店 (36)
ご当地料理たち (33)
世界の屋台あれこれ (18)
大好き☆おやつ (30)
宿のこと (89)
移動のこと (12)
旅写真 (1)
その他 (13)
イスラエル (9)
エジプト (0)

■  最新記事

■  全記事表示リンク

全ての記事を表示する

■  リンク

このブログをリンクに追加する

■  RSSリンクの表示

■  最新コメント

■  旅のマストアイテム

■  BACKPACKERS

前へ ランダム サイト一覧 次へ 参加申し込み

■  検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。