旅 × 雑貨 × 散歩

世界にあふれる かわいいもの すてきな景色を追っかけて ゆるゆる 地球 ひとり旅。       2012年12月。帰国しました。今は日本にいます。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/09/09

パナマ・パナマシティの宿

CASA RIKA
address : Calle Ricardo Arias, Panama City
URL :http://www.casaricapanama.com
price : ドミトリー12.5USドル



宿


地球の歩き方にも載ってたZuly's Backpackersが、CASA RIKA という名前に変わってます。
場所等は以前のままだそう。
キッチン付、WIFIフリー。日本人のお客さんもけっこう多い。
ドミで12.5ドルだけど、パナマシティでは最安クラス。
ここのドミ、なぜか2段ベッドの下がクイーンサイズばりで 広々快適!
宿全体も、清潔感あって 居心地よしです♪





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

お越し頂きありがとう!こちら1クリックもどうぞよろしくです♪


スポンサーサイト
2011/09/08

雑貨めぐり25☆太陽をまとう人々、クナ族の刺繍



パナマ~コロンビア間のカリブ海に浮かぶ、350の島からなる
サンブラス諸島には クナ族という先住民が住んでいて、
今も昔ながらの文化や言葉、衣装、言語で暮らしている。





モラ (7)



こういう衣装の人たち。
腕、足にビーズのアクセサリーをを何重にも巻き付け、
頭にバンダナ、独特の柄の巻きスカート、ウエストには刺繍の帯。
彼らの色づかいは赤、オレンジ、黄色… と とっても鮮やかで、
それゆえにクナ族は、「太陽をまとう人々」とも呼ばれてる。




そんな彼らの作る民芸品として有名なのが、モラという刺繍。



モラ (2)


モラ (4)



様々なモチーフを、カラフルな布と糸で 描き出す。




モラ (3)



小さなアップリケから 大きな布、
そしてお土産屋さんにはこのデザインを現代風にアレンジしたバッグや靴なども。



モラ (6)



カスコ・ビエホやパナマ運河の入り口etc、観光客が集まる場所には
クナ族が こうして商品を広げて 商売にはげんでます。




このモラ、どういうふう仕組みなのかなーと思って間近で観察してみたら、



モラ (9)



なんと 色んな色の布をこうして何重にも重ねて、
デザインのラインを切り抜き 下の布の色が表に出るようにして、重ねて縫い合わせて… と、
そんな途方もない 細かい作業によって 作られているものだった!



モラ (10)



つまり、たくさんの色が入ってるデザインは、その色の数だけの布を使ってるってこと。
切って、重ねて、縫って… こりゃ大変!
大きい布はそれなりにお値段もはるので、小さめの手ごろなものを数ドルでゲットしました。






ダウンタウンあたりの商店街を歩いていたら
生地屋さんで ふつうにクナ族の人たちの布が売ってたよー。




モラ (5)



このデザイン、日本に通じるものがあるような気がするのは 私だけ?
これで浴衣とか仕立てたら、かわいいんじゃないだろーか。



モラ



モラもいいけど こっちの布も、モノづくりする人とかには
いい素材なんじゃないかと思いますー。




モラ (8)



お店の中にはクナ族の人もたくさんいて、いろんな布を物色してた。
このクナ族たち、サングラス諸島にしかいないのかと思いきや
大都会パナマシティの中に、この格好でふつうにいらっしゃる。
これまたおもしろいアンバランス。


大都会ショッピングモールの中で、ほんと普通にこの格好。
クナ族のひとたちはなんとなく、顔立ちがモンゴロイド系な気人が多かった気がする。
でも 観光客相手の商売や パナマシティで見かけるクナ族たちは、
なんか けんけんしてる人が多かったので、残念ながら個人的にはあまりいい印象残ってない…
サンブラス諸島で暮らしてる人に出会ってたら、また違ったんだろうな。






にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

お越し頂きありがとう!こちら1クリックもどうぞよろしくです♪


2011/09/07

ビルの林立する大都会 @パナマシティ


2011年2月23日~24日


パナマの首都、パナマシティ。


南米から飛行機でパナマシティが見えてきたとき、
こういう高層ビルの立ち並ぶ都会に来るのが久しぶりで、すごい都会ぶりに驚いた。



パナマ



実際街を歩いてみても、ビルばんばん、車ばんばん。
銀行の多さが目をひいた。
それにしてもHSBC多い!すごい勢力だ。
SAMSUNG多い!もはや完全に日本超えてる。



しかしパナマシティのおもしろいのは、
こんな大都会のくせに バスは未だこんな途上国風デコバスってなアンバランス。



パナマ (2)



すごいトラフィックと排気ガスの中を走り回る。



パナマ (3)



ん? ビヨンセ!?






パナマシティは、あんまり治安の評判がよろしくない。
観光地の カスコ・ビエホ(旧市街の歴史地区)に行くのでさえ、
危ないだの昼間しか行っちゃだめだの、宿の人にあれこれ注意される始末。



さてそんな、世界遺産登録もされてる歴史地区カスコ・ビエホですが、
観光地だからもっとキレイかと思ったら



パナマ (4)


パナマ (5)



なんつか、意外とすさんでた・・・
ボロボロの歴史的な建物たちを、国がホテルやレストランに改装していって
再開発にはげんでいる最中らしい。



パナマ (6)




カスコ・ビエホの海沿いから、パナマシティのビル群を望む。



パナマ (8)


パナマ (9)



まぁでも お洒落なレストランとかもそこそこあり、味があるといえばある。
これから数年のうちにどんどん、こぎれいに再開発されてゆくのでしょう。





パナマ (10)



ふと見上げたビルの窓に、おちゃめな遊び心 みーつけた。






パナマ (11)



それにしても さすが貿易の中継地点だからか、パナマシティのスーパーは
すごい 多国籍な品ぞろえだった。
アメリカから来てるであろう、どーんとでっかい冷凍食品系とかもお目見え。
そして酒税がかかってないからなのか、ビール激安!
いちばん安い瓶ビール、35セント。こんな安いの見たことない。
電化製品も免税って聞いたし、電化製品を買いたい人や酒好きには、
来る価値ある街かもしれません。





パナマ (7)



このビル群、夜出かけたら夜景もきれいだろうなぁっと思いつつ… 夜は宿でおとなしく。
パナマシティであぶない目にあった人の話も何度か聞いたし、治安悪い場所では 無茶せずに。







にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

お越し頂きありがとう!こちら1クリックもどうぞよろしくです♪

2011/09/06

ずっと、ここに来てみたかった @パナマ


2011年2月24日



グアテマラとメキシコ以外、中米は興味なかった。
それなら南米からグアテマラまで一気にフライトしてしまえばいいものを
なぜ あえて陸路でいったのか。
それは、ここに来るためだったといっても 過言じゃない。




運河 (7)



パナマ運河。



今や職にもつかずフラフラしてるアブナイ人な私だって、日本でちゃんと社会人してた時代もあった。
そのとき働いていたのが 国際物流業界。
元カーゴマンとしてはやはりパナマ運河、見ずにはいられないでしょう。






観光客用に公開されているのは、ミラフローレス水門。
AM9時&PM2時頃が 船の通行量が多いと聞いて、朝の7時頃には宿出発。
はりきりやっきマン、むしろ早く着きすぎた!


パナマといえばやはり運河のようで、そこそこの数の観光客が訪れてる。



運河 (12)



展望デッキからまちにまった運河を望んで、テンションバカ上がり!
ここしばらくの間で いちばんうれしかったかもしれない。



運河 (9)



展望デッキ左手から 船はやってきて・・・



運河 (5)



狭い水路を通りぬけ、右手へと去ってゆきます。
ひとつの船が通りすぎるのを見届けるのに、たっぷり30分はかかる。



運河 (8)


運河 (2)



水路は本当に細くて、船がやっと通れるほど。
自力ではなく車に牽引されて、船はゆっくりとここを通ってゆく。



運河 (11)


運河 (3)



2本並んだ水路の水を交互に行き来させて水量を調節させたり、
数か所についてる弁を開閉させたりすることで、
船はここを 通過することができるのです。



運河 (6)



言葉でこの仕組みを説明するのは難しいけど、
目の当たりにして初めて ほほぅーと納得。
最初にこれを考えた人は すごいなぁ。
南北アメリカ大陸が もっともせまくなるところに築かれたパナマ運河。
1914年の開通当時は、人類史上最大の土木工事と言われたそう。
これの開通によって、どれだけ世界が変わったことだろうか。


ロマンだなぁ。




運河 (10)



大きい船はもう、壁が通りすぎてゆくかのよう。
そういえば仕事してた頃、船の名前をチェックするのが ひそかな趣味だったっけ。
アメリカ初の船とかは、HORIZON HUNTERだとか
古きアメリカンドリームの名残みたいな、にやっとする名前がついてたりして。



世界を行き交う貨物を扱いながら
自分自身は朝から深夜までオフィスにこもって働いてたころ、
広い世界に思いをはせたりした。
それが今、本物のパナマ運河の前にいるなんて。
こんな日が来るなんて、思ってなかったなぁ。




運河 (4)



ミラフローレスのビジターセンターは展望デッキだけでなく展示もあって、
シアターや博物館etc きれいでなかなか楽しい。



運河



1914年の開通以来、通過した船は100万隻以上。
年間の平均通行量は約14000船。
トップ5はアメリカ、中国、チリ、日本、韓国。
日本、メインユーザーですね!



ところでパナマ運河を渡るには通行税がかかるのだけど、今までで一番安い通行税は
アメリカの冒険家・Richard Halliburtonさんが泳いで渡った時に払った36セントだそう。
愉快な人もいたもんだ。てかそれ私もやりたい! 今も挑戦OKなの?






船や貨物を眺めていたら 働いてた頃を思い出して、
職場の人達の顔が浮かんで ちょっと恋しくなった。
ああして日本で働いて、まわりの人たちに育てて頂いたおかげで
今の私があるのです。 感謝。
そして あの頃の自分に負けないよう、成長し続けてゆかなければ。







にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

お越し頂きありがとう!こちら1クリックもどうぞよろしくです♪

■  ☆最新の状況☆

中国~チベット~ネパール~インド~スリランカ~ヨルダン~イスラエル~エジプト~モロッコ→トルコ→インド→タイ→ラオス→中国→日本! 6/26 半年間ほったらかしでしたが久々に近況かきました。 その間コメント等下さってた方、ごめんなさい!いまさらですが返信しましたのでよければご覧ください。 今は京都にいます。ゼロからふりだし暮らし中。

■  プロフィール

AYUMMY

Author:AYUMMY
 2008年10月からはじまった、気のむくままの世界放浪、女ひとり なんちゃってバックパッカーも 気づけば4年目。
 オーストラリア、アメリカ大陸横断を経て、現在はアジア編。

 ふらふら歩き&かわいいもの探し大好き。
世界は無数のかわいいや わくわくであふれていて、旅中 毎日お散歩日和。

 旅の日常で 見た かんじたこと、私目線でゆるっと綴っています。

■  RANKING

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 ブログランキングに登録しているので、1日1クリック応援頂けるとうれしいです♪ここから、同じものに心を動かせる人の輪が広がるといいなと思って。

■  カテゴリ

はじめに (2)
このブログの見方 (1)
旅のルートと現在地 (1)
出発前 (5)
【旅日記その1:アメリカ大陸編】 (321)
メキシコ (10)
グアテマラ (10)
チリ (12)
アルゼンチン (17)
パタゴニア (19)
ウルグアイ (2)
ブラジル (26)
サルバドール(ブラジル) (0)
パラグアイ (8)
ボリビア(ウユニツアー) (4)
チリ(2回目) (14)
アルゼンチン(2回目) (7)
ボリビア(2回目) (43)
ペルー (10)
※香港へ脱線 (8)
※NYよりみち (2)
ペルー(2回目) (44)
エクアドル (16)
コロンビア (23)
中米(パナマ - エルサルバドル) (10)
グアテマラ(2回目) (22)
キューバ (1)
メキシコ(2回目) (11)
アメリカ (1)
日本(一時帰国) (1)
【旅日記その2:アジア編】 (70)
中国 (10)
チベット (3)
ネパール (8)
インド (40)
スリランカ (3)
ヨルダン (5)
ドバイ (1)
あゆみ屋雑貨店 (36)
ご当地料理たち (33)
世界の屋台あれこれ (18)
大好き☆おやつ (30)
宿のこと (89)
移動のこと (12)
旅写真 (1)
その他 (13)
イスラエル (9)
エジプト (0)

■  最新記事

■  全記事表示リンク

全ての記事を表示する

■  リンク

このブログをリンクに追加する

■  RSSリンクの表示

■  最新コメント

■  旅のマストアイテム

■  BACKPACKERS

前へ ランダム サイト一覧 次へ 参加申し込み

■  検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。