旅 × 雑貨 × 散歩

世界にあふれる かわいいもの すてきな景色を追っかけて ゆるゆる 地球 ひとり旅。       2012年12月。帰国しました。今は日本にいます。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/12/13

移動

移動 (3)


移動 (6)
移動 (9)
移動 (4)
移動 (2)
移動 (5)
移動 (11)
移動 (15)
移動 (17)


移動 (20)



移動 (19)
スポンサーサイト
2011/12/10

バルコル


2011年12月10日~12日


ラサ駅に迎えに来てもらって 中心地まで車を走らせる間、
まわりの近代化っぷり、建設中のビルの多さに 目を見張った。
これから急速な勢いで、チベット自治区はどこまで変わってゆくんだろう。


それでもジョカン寺~バルコル周辺は 昔から今も変わらないチベット人のエリア。
バルコルの近くに宿をとって、早く街を歩いてみたくて 外にでた。



バルコル



なにより瞬時に目につくのが、あまりの公安(警察)の多さ。
コンビニくらいの頻度でそこら中に派出所があって、
さらに 見周りの公安グループが 常に歩き回っている。
複雑な思いになりつつも、歩く道には チベタンが いる、いる!



バルコル (5)



そしてジョカン寺の前に辿り着いたとき…
目をみはった。


あたりを埋め尽くす、一心不乱に五体投地をする人たち。



バルコル (13)


バルコル (8)



生の五体投地を見るのは初めてで、その光景に 打たれたように動けなかった。
みんな、祈ってる。ただ ひたすらに、一心不乱に。



バルコル (6)


バルコル (14)



ある服全部着込んだって震えるくらい寒いのに、
裸足で 素手で、地面をすべり、はいつくばる。ひたすらに、何時間も繰り返す。



こういう神聖な場所では、近くによると あっちにいけ!って
追い払われることが ほとんどだ。
でも彼らは、私がそばに行こうが カメラを向けようが、見向きもしない。
ただひたすらに、祈るだけ。



Holy!なんて光景なんだろう。



バルコル (12)



バルコルでは たくさんの人が何度も何度もぐるぐるとコルラ(巡礼)している。
バルコル沿いの通りはたくさんの店であふれていて、
楽しそうに買い物をする人、ひたすらにお経を唱えて歩く人、
突然五体投地をやりだす人、もうなんでもありだ。



バルコル (9)


バルコル (10)



イスラム圏で聞こえたのは スピーカーから流れる高らかなアザーンだったけど、
ここで聞こえるのは 行き交う人々の口からぶつぶつと唱えられる経典だった。




バルコル (2)



冬のチベットは 観光客もとても少なく巡礼にやってきたチベタンで溢れていて、
彼らの祈りはあまりにも熱心で 見ている私の感情のバルブまでバカになりそうで、
この光景に出会えただけで、頑張って寒い中 冬に来てほんとによかった。





ラサに居る間、朝も夜も、時間があれば ジョカンやバルコルで 人々を見ていた。
まだ真っ暗な極寒の早朝も、日が暮れた夜も、彼らはいつもひたすらに祈ってた。



年単位で旅をしたって、涙がでるくらい心打たれる場所は 両手の指でおさまるほどだ。
そんな数少ない、胸をつかまれる場所だった。



ここは本当に、聖地なんだな。



バルコル (11)



バルコル周辺は 昔からのチベット族家屋が残っていて、
まぶしい白が 青空に映える。
チベットの建物は、台形の窓が 特徴。


標高高いチベットの空は、群青色といってもいいくらい
すいこまれそうに 青く 深く きれい。




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

お越し頂きありがとう!こちら1クリックもどうぞよろしくです♪


2011/12/09

チベット鉄道に乗って、いよいよラサへ@チベットツアー開始


2011年12月8日~10日


成都、SIM'Sで4人一緒にツアーに行くメンバーが集まって、
ついに待望のチベットへ。
成都からラサへは、チベット鉄道で約2日(!!)


このチベット鉄道は世界で最も高いところを走る鉄道で、
7000mを超える高峰を車窓から眺められるのは、世界でチベット鉄道だけ。
だからとっても乗ってみたかった。



定刻、20:49に出発。想像以上にキレイ。
一日目は、出発が夜だから もう寝るだけ。



鉄道



夜が明けて、2日目。
2日目は まだまだ中国の ふつうのところを走っていくから、
標高もそんなに上がらなくて、中国の 田園風景の中をゆく。



鉄道 (19)



雪でまっしろになってたりした。


長い長い乗車時間、でも窓に張り付いてたり ちょっとしゃべったり、
車内うろうろしてたら なんだかんだ あっとゆーま。
私はハードスリーパーにしてみた。硬座の車両はローカル人ですごいごったがえし。
でも乗車してる人の中にちらほらチベタンがいて、テンションあがる。





そして 3日目。
ついに 本格的に高度をあげて、絶景の連続が始まります。



鉄道 (15)



ひたすらに広い 茶色の大地を、1本の鉄道がどこまでも走る。



鉄道 (22)


鉄道 (9)



雪を抱いた山脈や 時折現れる集落、
羊や牛なんかの 動物たち。



鉄道 (11)



そして、高地にはかかせない ヤク。



鉄道 (10)



こんな ソフトクリームみたいなきれいな山頂に ほれぼれしたり。



鉄道 (3)



ご飯どきになるとやってくる 車内販売。
食堂車両もあるよ。



鉄道 (16)



最鉄道の最高地点は、標高5072m
でも車内は気圧調整してあるので 大丈夫らしい。
壁に酸素供給口もついてる。すごい。


車内では、「この鉄道は中国の誇りです」的なアナウンス。
でも確かにこれは誇るよなーっていう、目の離せない絶景の連続でした。



鉄道 (24)



そうしてついにチベット、ラサ駅に到着。
駅に迎えに来てくれたガイドさんにも無事会えて一安心。
チベット自治区、いったいどんな世界が広がっているのでしょう。




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

お越し頂きありがとう!こちら1クリックもどうぞよろしくです♪


2011/12/08

中国編 まとめ


中国編の 全記事リスト☆



<旅日記>
 ・2011年11月23日、再スタート。@下関
 ・到着初日から、中国人の優しさにふれてみたりする@青島
 ・こんなにも言葉が通じない思いしたのって@青島
 ・青島といったらこれしかないでしょ@青島
 ・中国の電車デビュー@青島
 ・パンダ、パンダ、パンダ!@成都
 ・四川省の都、成都です。@成都
 ・お茶飲む人、耳かきする人、踊る人の集う場所@成都
 ・奇跡の色彩、九寨溝。@九寨溝



<ご当地料理たち>
 ・ご当地料理32☆本場四川料理!@中国



<世界の屋台あれこれ>
 ・世界の屋台18☆中国は屋台も美味しい♪@中国



<大好き☆おやつ>
 ・おやつタイム25☆恐怖のNGお菓子!肉松!@中国



<宿のこと>
 ・中国・青島の宿
 ・中国・九寨溝の宿
 ・中国・成都の宿





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

お越し頂きありがとう!こちら1クリックもどうぞよろしくです♪



2011/12/07

中国・成都の宿


Sim's Cozy Garden Hostel(成都老沈青年旅舎)
address : 成都市一杯路北四段211号
mail : simscozy@hotmail.com
price : ドミトリー35元(約440円)



宿 (4)  宿 (3)



今まで泊まった宿の中でNo,1という人もいるくらい、
ここはいいよ~という前評判を聞いてたのだけど、確かに最高でした。
細かいところまでいきとどきすぎてて、これ以上必要なものが思い浮かばない。
足りないものは ありません☆


成都はチベット行きの拠点となる街なので、
情報収集&一緒に行くメンバー探しをする人がこの集まる。
宿の中にツアーデスクもあって、そこでメンバー探しを手伝ってくれたり
ツアーの相談や手配等 全てやってもらえます。


チベット情報、周辺観光情報たくさん。
日本語の本もいっぱい。
この宿そうとうデカイので滞在者も多くて、併設レストラン兼バーで いつもわいわい。
楽しかったなぁ!




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

お越し頂きありがとう!こちら1クリックもどうぞよろしくです♪
2011/12/06

ご当地料理32☆本場四川料理! @中国


中国・四川省といえば!
思い出すのはただひとつ!
麻婆豆腐が代表選手、辛いで有名、四川料理~♪
中国語では四川料理のこと、川菜って呼ぶ。



四川料理の本場は成都で、
成都は2010年ユネスコから「美食之都」に認定されたそう。

とくればもぅ、成都に着いたその足でまず最初に向かうは
麻婆豆腐屋さんでしょう。
成都では陳麻婆豆腐店って店が、ツーリストは皆行く定番の店となっている様子。




さっそく行ってみると、あら?



川菜



なんかご立派なご様子。



川菜 (3)



あらら? 高級そだけど大丈夫?
おひとりさまでぷらっと来ましたが… 来るとこ間違えた??



と若干ビビっていたら、こんな高級げな店なのに
麻婆豆腐(小)12元(約150円)、白ごはん1元(約12円)。エ!安っ!



迷わずマーボー頼み しばし待つと、
ぐつぐつ煮えた鉄鍋に入って 出てきたよ四川マーボー!
どの程度辛いのかい?
箸をつけて ちょっとなめた・・・瞬間・・・



川菜 (2)



辛!!! いじめ!?
すげー、ちょっとなめただけで なんだこの攻撃力は!
これでもかといわんばかりの唐辛子に、山椒。
そして ラー油の海とでもいうべき、煮え立ったラー油。



本腰入れて食べ始めるも、ひー!なんだこれ!辛いにも程がある!
いやね、たぶん美味しいんだろう。
衝撃な辛さの後にも、辛みが去った後には どこか甘みが残る。
ただバカみたいに辛いだけではないんだろう。多分。
でもいかんせん辛すぎて、そんなの味わう余裕皆無!
せっせとまわりの赤いとこをこそぎ落し、豆腐だけ食べようとしても まだ辛い。
お茶で豆腐すすぎながら 食べたい勢い!笑



唐辛子と山椒の組み合わせを発明した人 だれでしょねー?
唐辛子の辛さ + 山椒のヒリヒリの 相乗効果、すっごいわ!




後で聞くと 陳麻婆豆腐はとりわけ辛いらしく、辛過ぎて賛否両論な模様。
でもとりあえず、四川料理はとにかく唐辛子 + 山椒 + ラー油 ってのはよく分かった。



川菜 (6)



(↑)いつぞやの、みんなでシェアした川菜夜ごはん。
何頼んでも、全部味つけこれやん。笑



川菜 (4)



(↑)ぶつ切り唐辛子とピーナッツを混ぜた、
いかにも四川な おそろしいおつまみ。こんなの食べたら即死だわ。



川菜 (5)



だってほら見て、小さいローカル食堂でごはん食べてた時に
たまたま唐辛子の配達にでくわしたんだけど、
配達トラックからエンドレスに 出てくるわ出てくるわ 唐辛子の入った袋!
いったいこの小さな店で、どんだけの唐辛子使うのさ! 笑ったー。



でもだんだんと慣れてくると、この辛さがないと物足りないような気が
してきちゃうから不思議。
のっけマーボー話が長くなったけど、マーボー以外の料理もいろいろあるし、
辛くない料理もあるから大丈夫!♪




あと小吃(シャオチー)も名物だそうで、
シャオチーは 軽食のことで、小さめ一品料理とでも言えばいいのかな?
麺を中心に、餃子系、肉まん系、甘いものetcいろいろ。



川菜 (12)



小さいお椀に入ってる麺が メインかな。
この麺の種類が、またたっくさんあるんです。


錦里とかの観光地に行くと、シャオチー屋台がずらっと並んでて楽しい。




川菜 (16)



(↑)具はなんであれ、だいたい味付けはあの いつものかんじ。笑



川菜 (11)



(↑)これ、美味しいのかな!
中国人けっこー食べてたけど 試すに踏み切れなかったよ!パイナップル蒸しごはん!



川菜 (17)



(↑)三大砲というおやつ。
日本のきなこもちそのもの。きなこと黒蜜たっぷりで 美味しい❤



川菜 (18)



(↑)店先で、大きな鍋でぐつぐつ煮てた きなこ色のどろっとしたナゾのもの。
五味油茶 という食べ物。
あげスナックや落花生、刻みネギを上にトッピング。
なんなんだろうこれは… まずくはないけど、何でできてるのか分かんない不思議な味。



川菜 (8)



(↑)三合泥っていう、これもちょっと変わったおやつ。
黒豆・うるち豆・エンドウ豆etcで作ったあんに、
胡麻・落花生・豚の油を混ぜて作るそう。
そこに豚の油入れますか!ってかんじだけど。笑
少量でも、油っこいせいでかなりのボリューム!


なーどなど・・・



これもまだまだ、氷山の一角。
種類豊富すぎて、ぜんぜん制覇しきれないよ中華料理。
美食の都、成都で 四川料理にシャオチー。食べ過ぎ太りに要注意!




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

お越し頂きありがとう!こちら1クリックもどうぞよろしくです♪


2011/12/05

世界の屋台18☆中国は屋台も美味しい♪ @中国


さすがの中国、ごはんが美味しい♪
メニューが全く読めないのと 時々とんでもないハズレにあたるのには困るけど、
それでも ごはんを食べる楽しみがあるのは うれしい!


そして ちゃんとしたごはんと同じく 屋台ものもいろいろ美味しいもんだから、
食べ歩きでも お腹がふくれちゃって 忙しい!





行った時期が冬だったからなのかな?
中国ではいつも道端で ふかふかの石焼きいもや、その場で炒ってる甘栗が売っていた。
前を通ると漂う香ばしいにおいに、それだけで幸せになっちゃう。



屋台



日本より だいぶお手頃なのもうれしいね。
値段は重さによるけど、焼き芋ひとつ3~4元(40円ちょい)くらい。



屋台 (2)



(↑)りんごあめみたいな お菓子。
これもどこ行っても見かける定番。
でも中は さんざしの実 だそう。さんざしって、生で食べたのはじめて!
なんて表現すればよい味なのか…
水気少なめで、ちょっと酸味があって。悪くないよ!



屋台 (3)



(↑)中国人の必須アイテム、ひまわりの種。
売ってる量が ハンパなーい。



屋台 (4)



(↑)おかず系クレープみたいなの。
ちょっとネギとか入ってるだけのシンプルな粉もんなんだけど、
パイみたいに何層にもなってて、焼き立ておいしくてハマった。



屋台 (5)



(↑)ナンみたいなパン。
手前の壺の内壁に貼り付けて焼いてる。
これもまたシンプル素朴なパンなんだけど、中に練乳かなんかが入ってて
ほんのり甘くておいしかった☆



屋台 (6)



(↑)これもいたるとこにある人気のスナック、公婆餅。
パン生地に味つけ肉みたいな具をいれてうすーくのばし、
揚げ焼きみたいにしたもの。



屋台 (8)



(↑)うすい小麦粉の生地にたまごを落とし、野菜をたっぷり包んだおやつ。
これもお気に入りで よく食べたー。



屋台 (9)



(↑)夜になれば、串焼き屋さん。
選んだやつを、その場で焼いたり揚げたりして調理してくれる。



などなど… こんなの氷山の一角で、まだまだ他にもたーくさん!
試しきれなかったのも、無数にいっぱい。



でもやっぱり油が多くて、だんだん胃が疲れてくるんだけどね…
そんな時は、 お豆腐やおかゆに避難してみたり。
中国は朝からあったかい豆乳を飲むのが習慣らしくて、これも美味しかったな。
そして 自家製豆腐(漢字で 豆花)が食べれる店も多くて、
豆腐好きには うれしい❤


あと、肉まんとかもだいたいはずれなしで美味しいし。
街中あちこちで ふかふかセイロが湯気をあげていて、幸せ!
もちろんどれも手作り。
これを食べだしたら、インスタントのコンビニの肉まん食べれなくなった。


ラーメン屋とか入っても、オーダーされてから麺打ったりしてるし。
刀削面とかも、もちろんオーダーされてから 削る!
餃子ももちろん 皮から全部手作り!
そしてみんなおそろしく 器用で早い!!
すごいなー、中国人。




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

お越し頂きありがとう!こちら1クリックもどうぞよろしくです♪


2011/12/04

中国・九寨溝の宿


九寨溝自遊国際青年旅舎 (Jiuzhaigou Self-Tour Youth Hostel)
address : 九寨沟漳扎镇彭丰村
URL : http://www.57jzg.com/
price : ドミトリー30元(約380円)



宿  宿 (2)



九寨溝の安宿エリアでちょっとはじっこの方にある宿。
数軒見てまわったなかで、いちばん快適ドミで しかも値段も安かった。
言い値は40元だったけど、30元にまけてくれた。


部屋にシャワー・トイレがついてて、ベッドも広々、ちゃんとしたホテルみたい。
ベッドにも電気毛布付き。冬の九寨溝は寒いので、ここ重要。


ただしwifiはなかったので、ネットが使いたかったら 別のところへ。
中心の方に人家GH(レンジャーゲストハウス?だっけ?)とかいうとこがあって、
そこは日本語情報ノートがあったり、お客さんも多そうだったよ。



九寨溝の安宿エリアはバス停からはかなり遠くて、
タクシーか もしくは歩くと30分くらい。
成都から九寨溝に行くバスは バス停に着く前に安宿エリアの前を通るので、
途中下車しちゃうと便利かも。
九龍賓館ってホテルが右手に見えたあたりで 降りるとよい。
(このへんでまわりの中国人が降り出すので、すぐわかる)


ただし帰りのバスチケットを事前に買っておく必要があるため、、
どのみちバス停には行かなきゃいけないんだけど。
(当日乗ろうとしても、かなりの確率で満席)
私は帰り、 当日乗ろうとしたら 成都行きが満席で、
汶川まで行って 成都行きに乗り換えました。
この汶川行きも 最後のひと席で、あぶなかった!


中国は国内旅行がさかんなので、交通機関が混むというのはほんとなのね。




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

お越し頂きありがとう!こちら1クリックもどうぞよろしくです♪


2011/12/03

奇跡の色彩、九寨溝。@九寨溝


2011年12月3日


堂々の、美しさ。
中国きってのご自慢名所、九寨溝の実力だぁ!



きゅうさいこう (3)



もう 言葉はいらないよね。
ただただ、きれいなんだもの。



きゅうさいこう (4)


きゅうさいこう (6)



だって この水の色、訳わかんないほどきれい。



きゅうさいこう (2)



空を完璧に映しこんで、
もうどっちが空で どっちが地かも わからない 鏡の湖も。



きゅうさいこう (7)



行く前に「九寨溝は広いから バスで回るんだよ」と聞いたときは
なんで九寨溝の敷地内を回るのにバスに乗らなきゃいけないんだ?と思ってたけど、
着いてみて 納得。
めちゃめちゃ広いです、九寨溝。


公園っていうより、山。
その広い敷地内に、たくさんの湖や滝がある。
九寨溝って きれいな湖のイメージだったけど、実際は滝もいっぱい。



あまりにも どこもかしこも秀麗に美しすぎて、
最後には きれいさに見飽きるという 贅沢現象を引き起こしてしまう あっぱれさよ。




きゅうさいこう (9)



ここはチベット文化圏なので、川の水の流れにのって
マニ車が回っていたりするのも、また風情なのです。



きゅうさいこう



中国の観光地は どこももれなく 仰々しく国家的AAAAA級名勝区!等と銘打たれ、
そのテーマパーク的張り切りっぷりに ウーン… と ちょっと萎えたりする。
九寨溝もやっぱり ジャジャーンと音楽流れ、入口 USJですか?みたいになってるし。


それでもここは その張り切りっぷりに全然負けず、むしろ大圧勝の勢いで
満足させてくれたのでした。




なんだろう あの奇跡の色。
中国政府が 着色でもしてるのかな。
そうであってもおかしくないと納得できちゃう美しさの九寨溝も、
それやってるって言われても違和感感じさせない中国政府も、
どっちもアメイジング!






にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

お越し頂きありがとう!こちら1クリックもどうぞよろしくです♪


2011/12/02

お茶飲む人、耳かきする人、踊る人の集う場所 @成都


2011年11月29日~12月8日


成都は、古くからお茶文化が さかんな場所なのだそうです。
街中には たけのイスを並べたお茶屋さんがあちこちにあって、
のんびりお茶を飲みながら おしゃべりを楽しむ人の姿をよく見かける。


一茶一座 といって、1杯お茶を頼めば
その席で ずっとのんびりしてていいよーという制度なんだって。 いいですね。



成都市民の憩いの場、人民公園にも やぱりお茶を飲む場所があって
みなさん おもいおもいに おしゃべりに花を咲かせてる。



公園 (2)



ひろーい人民公園。緑いっぱい。
この中でのんびり、心ゆくまでおいしいお茶が飲めるっていいね。



公園 (4)



なんか愉快な人もいて、こんな長ーいやかんから
いろんなポーズ決めながら 華麗にお茶を注ぐ練習してた!
なんか、ここで習ってるっぽかったよ。ちょっとやってみたいかも。




そして、ここでぜひとも必見の…
耳かき屋さん!
いや、正しくは耳マッサージ屋?


宿でもらったMAPに 成都名物が箇条書きしてあって
その中に 耳マッサージ屋も挙げてあったんだけど、
まだ一度も見かけたことなかったので どこにいるのか聞いてみると
「人民公園にいっぱいいるよ」と。
そんで 試しに人民公園行ってみたところ…



公園 (6)



おーおー、いるわいるわ!
お茶屋さんのへん歩いてたら、寄って来た 寄ってきた!


耳マッサージってなんなんだーと見てみると、
彼らの商売道具はこちら。



公園 (3)



先にほわほわの毛のついた針金を耳の中に入れ、
それを 別の金属棒で叩いて細かく振動させることで、
耳に心地よいマッサージ感を与えるというもの。
音叉(おんさ)みたいなかんじね。




公園 (7)



客待ちのマッサージ師たくさん。
耳専門のマッサージ師… 斬新。
でも なんか想像しただけでそわそわーっとくすぐったさが鳥肌モノで、トライできなかったわ。







ところで この公園、なぜかやたら 踊る団体だらけ!
すごい広い公園なんだけど、そこかしこで たっくさんの団体が
音楽かけて 群れをなして 踊っている!



公園



いまどきの踊りから、伝統的なかんじのから、ジャンルはなんでもござれ。
中国は 踊りブームなの?
この日だけ 特別な日かなんかでたまたまだったの?
でも そんなかんじじゃなかったなぁ。
でも、昼間からこうしてみんな踊ってる姿は ほほえましい♪ 健康にもよかろう!




人工だけど池もあって ボートを漕いでたり、
平日だけど たくさんの人で賑わってて、地元中国人たちの様子を眺めるのもおもしろく。
人民公園、けっこう好きでした。





公園 (5)



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

お越し頂きありがとう!こちら1クリックもどうぞよろしくです♪


次へ>>

■  ☆最新の状況☆

中国~チベット~ネパール~インド~スリランカ~ヨルダン~イスラエル~エジプト~モロッコ→トルコ→インド→タイ→ラオス→中国→日本! 6/26 半年間ほったらかしでしたが久々に近況かきました。 その間コメント等下さってた方、ごめんなさい!いまさらですが返信しましたのでよければご覧ください。 今は京都にいます。ゼロからふりだし暮らし中。

■  プロフィール

AYUMMY

Author:AYUMMY
 2008年10月からはじまった、気のむくままの世界放浪、女ひとり なんちゃってバックパッカーも 気づけば4年目。
 オーストラリア、アメリカ大陸横断を経て、現在はアジア編。

 ふらふら歩き&かわいいもの探し大好き。
世界は無数のかわいいや わくわくであふれていて、旅中 毎日お散歩日和。

 旅の日常で 見た かんじたこと、私目線でゆるっと綴っています。

■  RANKING

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 ブログランキングに登録しているので、1日1クリック応援頂けるとうれしいです♪ここから、同じものに心を動かせる人の輪が広がるといいなと思って。

■  カテゴリ

はじめに (2)
このブログの見方 (1)
旅のルートと現在地 (1)
出発前 (5)
【旅日記その1:アメリカ大陸編】 (321)
メキシコ (10)
グアテマラ (10)
チリ (12)
アルゼンチン (17)
パタゴニア (19)
ウルグアイ (2)
ブラジル (26)
サルバドール(ブラジル) (0)
パラグアイ (8)
ボリビア(ウユニツアー) (4)
チリ(2回目) (14)
アルゼンチン(2回目) (7)
ボリビア(2回目) (43)
ペルー (10)
※香港へ脱線 (8)
※NYよりみち (2)
ペルー(2回目) (44)
エクアドル (16)
コロンビア (23)
中米(パナマ - エルサルバドル) (10)
グアテマラ(2回目) (22)
キューバ (1)
メキシコ(2回目) (11)
アメリカ (1)
日本(一時帰国) (1)
【旅日記その2:アジア編】 (70)
中国 (10)
チベット (3)
ネパール (8)
インド (40)
スリランカ (3)
ヨルダン (5)
ドバイ (1)
あゆみ屋雑貨店 (36)
ご当地料理たち (33)
世界の屋台あれこれ (18)
大好き☆おやつ (30)
宿のこと (89)
移動のこと (12)
旅写真 (1)
その他 (13)
イスラエル (9)
エジプト (0)

■  最新記事

■  全記事表示リンク

全ての記事を表示する

■  リンク

このブログをリンクに追加する

■  RSSリンクの表示

■  最新コメント

■  旅のマストアイテム

■  BACKPACKERS

前へ ランダム サイト一覧 次へ 参加申し込み

■  検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。