旅 × 雑貨 × 散歩

世界にあふれる かわいいもの すてきな景色を追っかけて ゆるゆる 地球 ひとり旅。       2012年12月。帰国しました。今は日本にいます。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/08/15

南米で一番ハードだった移動と、もうニ度と一緒に旅したくないイギリス人の話②


2011年2月21日


トゥルボ→カプルガナ→プエルトオバルディア


Big Adventure Day!
5:30頃起きて、6時から売られるカプルガナ行ボートのチケットを買いに行く。
こんだけ早く行けば余裕だろうと思いきや、
まだ日の登りきらない港には すでに人がいっぱい。



ちなみにこの路線、たいした移動でもないのに 50000ペソ(約25ドル)とかなり高い。
ガブはあいかわらず横で
「もっと安くなると思うかい?」だの
(一社独占で こんだけ乗客もいるのに、ならんだろ。
てか値段交渉したいなら 遠まわしに私に投げんと自分でやってこい!)

「これで50000ペソなんていい商売だ。あーByebye、マイ50000ペソ」だの うるさい。




国境越え (8)



8時半出航だと言うので宿に戻ってもうひと眠りし、
8時すぎに港に戻ると さらに人いっぱい、そして巨大ゴミ黒いゴミ袋に包まれたでかい荷物いっぱい!
乗り場でも でかいビニール袋を売ってて、みんな荷物をつめている。
こんなにも「濡れることが当たり前」とみなされてるコトにさっそくちょっとビビる。



国境越え (19)



なかなか出航しないので その辺の人たちとおしゃべり。
カプルガナなんて聞いたこともなかったから、このボートに乗る人なんて
私たちみたいにマイナー路線でパナマに渡る人くらいしかいないだろうと思ってたら、
意外にも「カプルガナへバケーション」っていうコロンビア人や西洋人がたくさん。
日本人の間で知られてないだけで、実はカプルガナってメジャーな観光地なのかしら。


ガブと言えば相変わらず
「待つのは最高にキライだ」「船はいつ出るんだ」
人が 来ない船を待つ間 まわりの人とのおしゃべりで時間つぶして楽しんでるつーのに
横で 絶不機嫌ネガティブオーラ放ちまくって あぁうっとおしー!
つか 船がいつ出るかとか 私にいちいち聞くな!



・・・・・


そして待ちに待った船がやっと来て、荷物積み込み開始。
意外にもきっちり、チケット購入した順番に荷積み&乗船させてくれた。
それでも あんな早くチケット買ったつもりでも我らは20番目くらいで、
残ってる席は 「前方真ん中」か「真ん中へんのはしっこ」という究極の選択。
(船の前部は波による揺れがはげしい。はじっこは容赦なく濡れる。)
濡れたくないのではじっこは避け、前から3列目の真ん中へんの席ゲット。
そして9時半をまわったころ、ついに船は出発!



国境越え (16)


(↑船の先頭に山積みされた、粗大ゴミにしか見えない大量の荷物たち。)




かなり揺れるって噂は耳にしてた このボート。
出だしは風も気持ちよく、確かにゴンゴン揺れて キャー!とか叫びつつも
横であいかわらず憂鬱な顔をする陰気なガブに
「ジェットコースターに乗りにきたとでも思って楽しもうよ!」なんて声をかける余裕もあった。


しかし、外海に出てスピードもUPするにつれ…



ありえない衝撃!
数秒ごとに ボートの底を 巨人が全力でハンマーでぶん殴りつけてるかんじ!

波をごんごん越えながら走るボートは 波を越える度に船頭が宙に浮き、
浮いたかと思うと バシーン! はげしく海に叩きつけられる!



そしてふと前を見ると、
船の先頭に積まれた大量のゴミみんなの荷物が
フライパンで炒るポップコーンかのように 飛び跳ねているではないか!!!

オゥ マイ ゴッド!


いやいやこの荷物たち、どれも20kg以上はあるはずなんですけど!?
この重量の荷物が こんな陽気にとびはねる衝撃力っていったい…!?


前に座ってる人たちが 止まれー!止まれー!と金切り声で叫び、
「荷物がはねてる!海に落ちる!」とボートを止め、
乗組員が荷物を積み直して 再出発。

でもひとたび走り出せばまたバッシンバッシン、荷物びょんびょん!!!
「とーまーれー!!!!!!!」 その繰り返し。



… ねぇ この船、毎日毎日 何本も運行してるんでしょ?
乗り心地とか 荷積み方法とか、もうちょっと対策の仕様あるでしょーに!
これ絶対、今まで何回も荷物海に落ちてるよ、濡れるどころの騒ぎじゃないよ!
バス走行中に積荷が落ちてひろいに行くのとは訳が違うし!
ここ海よ!落ちたらおしまいやんけ!
南米移動では ボリビアのバスが悪名高かったけど、
(バスの上に積まれた荷物が落ちることがあるので要注意!とか)
いやはや このボート そんなの比じゃないぞ!


でもきっとコロンビア人たちは 毎回きゃーと悲鳴をあげ、荷物がおちたらオーマイゴッドと嘆き、
でも アハハと笑って それで忘れちゃうんだろう。
おそるべしラテン気質。



国境越え (17)




あいも変わらず ボートは、数秒毎の 致死的衝撃とともに 疾走し続ける。
叩きつけられる衝撃というのは 首にくるということを、人生初めて知る。
人間って、首がこんなに 弱点だったのか。
終始120%の緊張感で、椅子の背にしっかりしがみついたり 着地の瞬間 尻を浮かせたりして
毎秒襲ってくるダメージに備えないと 本気で死ぬ。
と思ったら、うっかりビーサンが脱げてはき直してた瞬間にすごいのが来て
がっつり首をいわす! うぉぉぉぉぉぉ…
もれるうめき声、もはや言葉も出ない。 もうこれは、エキサイティングとかを超えている。


とにかく生きて着ければいいなんて思ったの、これが初めて。
ライフジャケットの新しい用途も。打ち付ける背もたれから背骨を守るという。



そして1時間くらい立った頃 ボートはスピードを落とし、着いた!?と思ったら
中間地点のサンフランシスコ というところだと。
まだ半分… と絶望的な気持ちになりつつも ちょっと休憩だとひと息ついた瞬間…



ガブ、横で突然 リバ――――ス!
Waaoooo~~~
横で青白いふきげんな顔してると思ったら、船酔いしてたのね!
てかこの衝撃の中で、+α船酔いまでしちゃったら もうこの世の終わりでしょうに…
かわいそうなガブ。
だからいー年こいたインテリは、ケチらず飛行機のればよかったんだってば! もう馬鹿!



・・・・・


そしてボートは走行再開、ふたたび地獄絵図のはじまりだ。
船頭の滞空時間が長いほど次の衝撃がスゴイことを身をもって知った乗客たちからは、
船頭がふわりと浮くたびに あぁー!キャー!と悲痛な叫びが飛び交い 数秒後には
 ドーン!
ギャー!グォー!あぁぁ、うぅぅ… もう必死にしがみついてるよりなす術がない。


ここまでくると、人の反応もおもしろい。
キレ出す人、それでも笑ってる人、ガブみたく超不機嫌な人、アジア人っぽい耐え忍ぶ系のあたし etc。
となりの アメリみたいな超かわいいフレンチの女の子も、
「もっとゆっくり!もっとやさしく運転しろ!!」とブチキレ叫び 目がまじ。笑



そして最後の20分くらいで なにかがぷっつんいっちゃったのか、
ガブはリバースしまくり!笑

海に向かって リバース リバース、リ―バァァースゥー ホームラーン ラーン ラーン … (エコー)
可哀そうなガブよ…
でもこんな地獄絵図のシチュエーションでは、世話を焼いてやることもできない。
もう彼の中で船はトラウマ化したに違いない、なんまんだぶ…



それでもなんとか、なんとかついにボートは2時間半に及ぶ修羅の時間をたえしのぎ
カプルガナに到着!
桟橋に到着したときには 乗客達から自然と拍手が!





国境越え (9)


生きて着けてよかった…
カプルガナはこぢんまりしたビーチリゾートのようで、
乗客たちのほとんどは 荷物を持って カプルガナの街へ向かっていった。
辿り着くまでにこんな鬼な時間を耐えなきゃいけないリゾートってありなの…?
という疑問を抱きつつ、私はこのまま次のプエルトオバルディア(パナマ)に移動するので
コロンビア出国のスタンプをもらいにイミグレへ。




ガブは こんなに疲労困憊した直後にまたプエルトオバルディア行きボートには
さすがに乗りたくなかったらしく、
「どうしてそんなに先を急ぐんだ、カプルガナはよさげな所じゃないか。
 ここでちょっと のんびりしていくべきだ」
と誘ってきたけど、プエルトオバルディア→パナマ行きのフライトは週3便しかなく
そのうちの1便は 明日だ。
チケットを持ってない 空席ねらいなら、できるだけ早くあたった方がいい。



というわけで、ここで数日過ごすことにするというガブとはここでお別れ。
ヤッター! ふぅー、肩の荷が下りたぜよ!





カプルガナの桟橋には、プエルトオバルディア行きのボートが数隻とまってて、
さっそく 客引きに引っ張られて乗船。


国境越え



今度はこんな(↑)ちっさい、頼りない船…
さっきまであんなに揺れまくった海を、こんな小舟で… 泣いていいですか?
おっちゃんたちは、「さっきのボートみたいに衝撃ないし乗り心地いーよ!」とかゆってるけど。


国境越え (3)



走り出すと、確かにさっきのような衝撃はないものの、
今度は とびかかるしぶきが ハンパない!!!
頭から ばっしゃんばっしゃん、目も開けられん。
座席にもじゃんじゃん海水入ってきて、お尻もびっしょり。

1時間弱でようやっとプエルトオバルディアに着いたときには、
もう海に飛び込んだ人に遜色なく、髪もしぼれるくらいに 全身ずぶ濡れ。



国境越え (14)



↑ 命からがら やっと到着した、プエルトオバルディアの桟橋。
ボロすぎて 上陸にも一苦労(笑)。



あぁもう、満身創痍。座ってるだけで こんなにも人は 満身創痍になれるものだったのか。
新しい世界。
でも、生きてここへ 無事辿り着けただけで もういいのです。
桟橋からイミグレへ行き、パナマスタンプゲット。 ついにパナマ入国!


こんなにも死ぬ思いで入国したのは はじめてだわ。
南米最後を飾るにふさわしい、間違いナく南米いちハードな移動でした。
までも、のどもと過ぎて振り返れば、おもしろかったけどねんー


でも、やっと目的のプエルトオバルディアに着いたけど、ここが本来の目的地ではない。
ここから、パナマシティに向かう手段を、ゲットしなくてはならないのです。
さてさて、無事にパナマシティへ行けるのか?



その③に続く→→→




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

お越し頂きありがとう!こちら1クリックもどうぞよろしくです♪

2011/08/08

南米で一番ハードだった移動と、もうニ度と一緒に旅したくないイギリス人の話①


2011年2月20日


※南米最後の日記ってことで、物語調に長編・4本立てです。
 おヒマな方のみ どうぞ♪





前回の日記で「カルタヘナは私の南米最後の街」なーんて
おセンチたっぷりに書いたくせに、実はカルタヘナが最後の街ではなかった。
いや、本来 正攻法でいけば、最後になるはずだったのだけど。


 -------

 南米コロンビアと中米パナマは陸続きになっているけど、
 実はこの2国を陸路で国境越えすることはできない。
 細くつながった国境周辺は 一大ゲリラ地帯となっていて、立ち入り一切不可なのだ。
 というわけで この2国間を移動する場合は


 ①飛行機で飛んで
   or
 ②ヨットで海を渡って   国境越えすることになる。



 いうまでもなく、①がいちばんカンタン。
 でもカルタヘナ~パナマシティのフライト、あんまり安くないのよね。
 前もって安いのを見つけて買えればいいかもしれないけど、通常250~300ドルくらいする。


 そして②は、サンブラス諸島に寄りながら 数日かけて国境越えするヨットツアー。
 サンブラス諸島はめちゃめちゃキレイらしく、これも欧米人を中心に人気。
 パナマーカルタヘナ間をいくつかのヨットが行き来してて、数日に1便くらい出てる。
 ヨット情報は宿の掲示板とかに出てるので、気になる船を探して船長と交渉する方式。
 (ヨットによって、設備やごはんetc、あたりはずれが激しいようなので注意!)


 でもこれも、けっこう高い。
 私が探した時は、400ドルを切るヨットはなかった。



 そして… こういう我らのような貧乏バックパッカーのために、次なる③の方法がある。
 それはバス&ボートをを乗り継いで パナマの国境沿いの街・プエルトオバルディアに入り、
 プエルトオバルディアから パナマシティまで、パナマの国内線で飛ぶ という方法。
 これだと、国内線フライトは90$くらい。フライト以外の費用を含めても200$以内で収まる。



 -------
 


よし、これで行ってみよう。
プエルトオバルディアからパナマシティまでのフライトは、Airpanama一社のみ。
ネットで予約できるというのでHPを見てみると、なんと週3便しかないフライトが
向こう2週間先までいっぱい!OMG!!! そんな乗る人いるの、こんな路線に!?



うーん、どうしたもんか。。。
でもこんなとき、基本のマイスタイルは とりあえずの体当たり系。
ネット上でいっぱいでも、直接空港行ってみれば 当日キャンセルやらで何とかなるんじゃない?
2週間も足止めなんて待ってられんので、がちんこ行ってみることにした。
まさかこれが、最後を飾るにふさわしい、南米でいちばんハードな移動になるとはつゆしらず。






そしてこの最後にスパイスを足してくれた、もう2度と一緒に旅したくない男というのが
イギリス人35歳、ガブ。

彼とは 今までも何度か会っていて、
僕もパナマに行くから、タイミングが合えば一緒に行こう とお誘いを受けていた。
かなり頭のよいインテリで、ネットで株なんかをやりながら旅しつつビジネスをやっている。
こういう人、時々いるのよね。
ガブはいつも 小難しい哲学書や おかたいビジネス本を読んだりしてて、
賢くて 旅しつつ仕事もしててすごいなぁーと、最初は素直に尊敬してた。



そんなガブと、カルタヘナでもまた再会。
「アユミはどうやってパナマに行くんだ」とすごく詳細に聞いてくるので、
今まで自分で調べた情報を めちゃくちゃ丁寧にガブに教えてあげた。
そうすると、「僕もじゃぁアユミと一緒に行く」という。


いやいや、私飛行機の予約とれてないのを体当たりで行くんだから、
行ってみて乗れなくても知らないよ!?と言っても、
「でも飛行機やヨットに300~400$も払いたくないから アユミの方法にかける」と。



まぁ、本人がいいっていうなら 私の知ったこっちゃないか…
というわけで この国境越えの旅、2人道中とあいなったのです。





・・・・・・



出発日、まずはカルタヘナ → モンテリア → トゥルボへ。
カルタヘナ-モンテリア、モンテリア-トゥルボはそれぞれ5~6時間かかるので、
1日目はここまでしかいけないのだ。
そしてかかる時間を逆算すると、日が暮れる前にトゥルボに着くためには
早朝6時台にカルタヘナを出発する必要あり。


眠い目をこすりつつガブと合流して、市バスで街はずれのバスターミナルへ。




国境越え (12)


(↑超ハデハデな市バス内のデコレーション。王宮ですか?笑)




バスターミナル周辺には 目的地に向かって出発したばかりのバスが客引きをしてて、
そういうのはたいてい、ラストミニッツ的にかなり安く乗れることが多い。
例によって ちょうどモンテリア行きのバスに声をかけられたので交渉しようとすると
横でガブ、
「こいつが正しいことを言っているかは分からない、ちゃんと窓口で買おう」


あ、そう…? まぁいいや、じゃターミナル内の窓口行きますか。


ターミナル内にて。
いつもの通り、「モンテリア?モンテリア?」さっそく客引きが群がってくる。
私「モンテリア行きいくら?」
おっちゃん「40000ペソ!」
私「もっとまけて!」
おっちゃん「35でどうだい!」


交渉に身を乗り出そうとした私の横でガブ、「もういい、お前はいらない」 
おっちゃんを追い払うガブ。 え、なんで?
ガブ「僕は最初に ほんとの値段より高い値段を言って来たやつのことは信じないことにしてる」


は、はぁ…。でもこういう国ではこれが普通だし、そんなこといってたらキリないのでは…
そして窓口に向かってったガブ。とりあえず私は引き続きおっちゃんと値下げ交渉。


数分して、全ての窓口を全部回ったガブが戻ってきた。
ガブ「窓口は全部、40000ペソだった」
私 「あそう。私はあの後、このおっちゃんと25000ペソまで下げたけど…?」


ガブ「…… OK。君の方で行こう」


結局乗るんかーい!!!



国境越え (4)



それでもまだ私は 素直にガブをリスペクトしていた。
バス道中いろいろしゃべっては、哲学の話や やってるファイナンスの話に素直に感心し、
すごい人だなーと思ってた。



しかし、だんだん疑いの影が…
ガブ「パナマは黄熱病予防注射証明がないと入国できないってホントかい?」
私 「知らないけど、南米旅してるくせに黄熱病受けてないの?なんで?」
ガブ「黄熱病にかかるリスクより、予防接種によるサイドエフェクトの方がシリアスだ」


… そうか?
しかもそれでやたらと入国できるか心配してるけど、そんな心配するくらいなら
サクッと受けちゃった方が早いやんけ。


この人、頭よすぎて逆にバカなんじゃ…




しかもこやつ、全てのコトを全部私に聞いてくる。
「ここはどこだ? 次はどこだ? 何時間かかる?」
知るか!私だって来るのはじめてじゃ!
男ならむしろ ひっぱってくれよメーン!




そしてモンテリアに着いて乗り換えた トゥルボ行きバスの道中は、かーなり道が悪かった。
でっこぼこ道で シートからお尻が、背中が、ぼんぼんはずむ!
たまにドスンッ!とくるもんで、横でガブは「首をひねった」と不機嫌顔。
うーん、このレベルの悪路は久しぶりだ!




・・・・・・



それでもなんとかバスは無事トゥルボに辿り着き、着いたころは日没寸前。
なんとか真っ暗になる前に着けてよかったねと言いあい、
明日乗るボート乗り場の近くに安宿を見つけてチェックイン。



トゥルボはどんな田舎かと思ったら、それなりに大きく活気のある街だった。
港もあって 交通の要所になっているから?
そして、明日乗るボートは荷物が濡れる危険性大だから
荷物をビニール袋に入れたおいたほうがいいという噂を聞いていたので、
ごはんを食べに行ったかえりに袋を買って帰ったのだけど、ガブはやたらとそのことを心配してて…



宿に戻ったと思ったら なんとガブ、 
バックパックから全ての荷物をひっくり返し、大量に買い込んだビニール袋で
ひとつひとつ丁寧に包みだした!




国境越え (15)



えー! どんだけ心配性!


パソコンなんてもう、パソコンカバー→袋→タオル巻き→バックパック→外袋。
5重梱包ですし。 マトリョーシカか!




はじめは私も「あー君はおバカだ、クレイジーイギリスじーんだー」と
バカなイギリス人の歌を作って歌ってやったりして 楽しんでたけど、
すぐにあきれて相手にしてらんなくなってきた。



つか そんなに心配なら船のんな!
もう35歳でいートシこいたインテリのくせに、300ドルくらいケチらんと飛行機のれ!
一緒にした買い物のお金も、1円単位まで超キッチリ割り勘だし。
別にいーけど 電卓で何回も1円単位計算してるのがうっとーしー!



ふー、なんだか変な人につかまっちゃったよ…
そんな奴のことはもうほっといて、明日はついにボートをふたつ乗り継いで
パナマの国境の街に入国する日。朝も5時半起きと早いので、早々に寝ます。
これでほんとに、今日が最後のコロンビアナイト。
コロンビア、いい国だったな。明日はパナマだ!



その②へ続く→→→




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

お越し頂きありがとう!こちら1クリックもどうぞよろしくです♪

2011/07/28

満月とセンチメンタル @カルタヘナ


2011年2月15日~22日



カルタヘナ (11)


空を見上げたら、満月だった。



満月と カルタヘナの古い街並み。
時間を止めてしまったように美しい。
何度も上塗りしてムラになった石の壁に手をあてて そっと目を閉じれば、
いつかの時代に すいこまれていきそうな。



IMG_8532.jpg



夜の人気の少ない広場に止まる 馬車。
じっと動かない馬は まるで人形のよう。
この街を演出する ひとつの飾りのように。
あなたも この古い街にすいこまれて 時を止めてしまったの?
ふとのぞき込みたくなる その瞳。



IMG_8556.jpg



IMG_8288.jpg


IMG_8542.jpg




ロマンチック カルタヘナ。
古い街並みは キラキラと夜に輝いて、
何百年も変わらない重厚な街の中 城壁に囲まれた世界の中に
今宵 人々ははなやかに テーブルを並べて
大切な人と ワイングラスをかたむける。






旅シックが最高潮を迎えて もうダメかと思いながら辿り着いたカルタヘナだったけど、
ここ2ヵ月くらい ほとんど誰とも日本人と会ってなかった中、カルタヘナでは数人の日本人に遭遇。
数日間、思いっきりしゃべったりビール飲んだり 笑ったりして、
気づいたら かなり回復できてた。
ありがたいなぁ、人って大事だなぁ。





旅に疲れるにつれて、イライラして話しかけてくる人にもとげとげしくなってた自分が
イヤでしかたなかった。


でも、ひとしきりリフレッシュした後、何気ない夜
ひとり 道行く人と 笑顔や短い会話を交わしながら歩いていたら、
なんだか ふいに世界が キラキラしてみえて、ちょっと泣けるほどだった。


最近 こんなにもダメダメで、感情も ゆれなくなってたけど、
私がしてる旅って、本来こんなにも 素晴らしいものだったんだって。


日々に埋もれて 盲目になってしまっていた、今過ごしてる時間が唯一無二であることを。




南米で一番上のカリブ海に面したこの街は、
私の長かった南米、最後の街。
次は 海を越えて 中米です。
最後の街で、こんな気持ちになれてよかったと 感傷的になる、
満月の夜の センチメンタル。






ライトアップの街並みを見上げたら、桜が咲いていた。
本当は何の花か知らないけど、私には桜だった。
そして カルタヘナの城壁が 日本のお城のお堀と城壁に見えてしまう私は
やっぱり 少しホームシック。




カルタヘナ (12)





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

お越し頂きありがとう!こちら1クリックもどうぞよろしくです♪

<<戻る 次へ>>

■  ☆最新の状況☆

中国~チベット~ネパール~インド~スリランカ~ヨルダン~イスラエル~エジプト~モロッコ→トルコ→インド→タイ→ラオス→中国→日本! 6/26 半年間ほったらかしでしたが久々に近況かきました。 その間コメント等下さってた方、ごめんなさい!いまさらですが返信しましたのでよければご覧ください。 今は京都にいます。ゼロからふりだし暮らし中。

■  プロフィール

AYUMMY

Author:AYUMMY
 2008年10月からはじまった、気のむくままの世界放浪、女ひとり なんちゃってバックパッカーも 気づけば4年目。
 オーストラリア、アメリカ大陸横断を経て、現在はアジア編。

 ふらふら歩き&かわいいもの探し大好き。
世界は無数のかわいいや わくわくであふれていて、旅中 毎日お散歩日和。

 旅の日常で 見た かんじたこと、私目線でゆるっと綴っています。

■  RANKING

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 ブログランキングに登録しているので、1日1クリック応援頂けるとうれしいです♪ここから、同じものに心を動かせる人の輪が広がるといいなと思って。

■  カテゴリ

はじめに (2)
このブログの見方 (1)
旅のルートと現在地 (1)
出発前 (5)
【旅日記その1:アメリカ大陸編】 (321)
メキシコ (10)
グアテマラ (10)
チリ (12)
アルゼンチン (17)
パタゴニア (19)
ウルグアイ (2)
ブラジル (26)
サルバドール(ブラジル) (0)
パラグアイ (8)
ボリビア(ウユニツアー) (4)
チリ(2回目) (14)
アルゼンチン(2回目) (7)
ボリビア(2回目) (43)
ペルー (10)
※香港へ脱線 (8)
※NYよりみち (2)
ペルー(2回目) (44)
エクアドル (16)
コロンビア (23)
中米(パナマ - エルサルバドル) (10)
グアテマラ(2回目) (22)
キューバ (1)
メキシコ(2回目) (11)
アメリカ (1)
日本(一時帰国) (1)
【旅日記その2:アジア編】 (70)
中国 (10)
チベット (3)
ネパール (8)
インド (40)
スリランカ (3)
ヨルダン (5)
ドバイ (1)
あゆみ屋雑貨店 (36)
ご当地料理たち (33)
世界の屋台あれこれ (18)
大好き☆おやつ (30)
宿のこと (89)
移動のこと (12)
旅写真 (1)
その他 (13)
イスラエル (9)
エジプト (0)

■  最新記事

■  全記事表示リンク

全ての記事を表示する

■  リンク

このブログをリンクに追加する

■  RSSリンクの表示

■  最新コメント

■  旅のマストアイテム

■  BACKPACKERS

前へ ランダム サイト一覧 次へ 参加申し込み

■  検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。