旅 × 雑貨 × 散歩

世界にあふれる かわいいもの すてきな景色を追っかけて ゆるゆる 地球 ひとり旅。       2012年12月。帰国しました。今は日本にいます。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/01/20

ヒマラヤぐるっと、素晴らしや。 @ナガルコット


2012年1月11日~12日


カトマンズから3時間ほどでいけるナガルコットは、
天気がよければ360°はおおげさながらも
ぐるりとヒマラヤを見渡すことのできる、眺望のよさで 定評のある村。


カトマンズから日帰りもできるんだけど、
朝日狙って 1泊でおでかけです。



ナガルコット (8)



あんだけトレッキングで山ざんまいしといて まだ山かい!ってかんじだけど。
でもナガルコットは、すっきり晴れれば 遠くにエベレストも見えるのですよ。


ここ最近の天気は 晴れつつも ガスったり 雲が多めぎみ。
さてさて 明日の運勢やいかに?



なんて夜を迎えてみたら、おりしも満月
ぽっかり浮かぶお月さまと、目下に広がる山村のぽつぽつとした明かり、
夜霧と月明かりにくもる山並みが なんとも幻想的。



ナガルコット



きれいだねーなんて たまたま一緒に行ったカズ君と写真とってたら、
夜も早々20時から朝まで停電になってしまった。
いやがおうなく キャンドルナイト。
ナガルコットは想像以上に 何もない山の谷間の山村で、
電気も音もない 静かな夜。




・・・・・




そして翌朝。
目ざまし6時にかけたのに あっさり寝坊、起きたら6:45。
しまったー!とベッドを飛びだし テラスに出ると・・・



ナガルコット (3)



見えた!
遠くにくっきり、ヒマラヤ山脈。
朝日にピンクに焼けている!



寒さに白い息をはきつつも うれしさでみとれていると、
日の出の太陽が 山の向こうから 登ってきた。



ナガルコット (2)



薄闇だった世界に光が満ちて、
沈黙だった世界に、鳥のさえずりが ひびきだす。


ゆっくりと でも力強く、確かめるように 世界が目を 覚ましだす。




ナガルコット (7)



薄霧の中に登った太陽は、りんかく くっきりと 月みたい。
昨日の満月の夜空と 日中シンクロ。



ナガルコット (5)



ごつごつとした山線をひたすら眺め 地図と見比べながら、
あれがアンナププルナだね、あれがランタンだね、なんていいながら
テラスでコーヒー飲みつつ 朝を過ごしました。



雲海リゾートという宿に泊まったんだけど このテラスが素晴らしくて、
ここにいればもー 展望台とか行く必要まったくなし。
起きてテラスに出ればいいだけ。
こんなラクしてこんな景色拝めるなんてもー いうことなし。素晴らしや!




実は くっきり見えたのヒマラヤの左手の方で、
エベレストの方は見えなかったの。
でも全然 後悔ありません。
どのみち見えても エベレストはチベット側の方に 遠くにあるので、
小さく 低くしか 見えないのよね。だからいーんだい。



満足満足!と二度寝して、再度起きたらもうお昼前。
その頃にはすっかり雲が出て、朝見えた山々は 跡形もなく隠れてた。
早起きは三文の徳って、文字通り!





そして帰り道 憲武珈琲店の前を通ったら、
噂ののりさんに会えたぞー!



ナガルコット (4)



憲武珈琲店は こんなネパールの奥地にて、
オーナーがとんねるずののりさんに似てる」という一点勝負で商売してるツワモノな店。



ナガルコット (6)



期待が大きすぎたようで 私的には、
あ、あなた?あー?うん?あー。確かに! くらいでした(笑)
までも確かに似てるかな!



こんなとこでのりさん一発勝負ってどんなもんかと心配したけど、
帰り道、ナガルコットに向かう日本からの貸し切りツアーバス2台もすれ違った(!!)。
1台目には「感動ヒマラヤ・ネパールの旅7日間」、、
2台目には「クラブツーリズム・ネパールなんちゃら8日間」と書いてあった。
乗っていたのは ナイスミドルなおじさまおばさま方。



日本からのツアーバス、こんなとこまで来るのかー。 すげーなー。
つまり今日だけでも、ナガルコットに60人以上の日本人客はカタイってことだな。
ほいでこんなとこにのりさんいたら、そりゃもうみんな飛び付くだろう。


そう思えば、憲武珈琲店・・・、心配するどころかだいぶうまくやってるのであろう。
ふむふむ・・・ネパリーのりも なかなかやるな。


そんなことを考えながらしめた ナガルコットでございました。
ちゃんちゃん。




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

お越し頂きありがとう!こちら1クリックもどうぞよろしくです♪


2012/01/19

美の都、ラリトプル @パタン


2012年1月9日


カトマンズの中心地から すぐそばにある、パタンというエリア。
正式名称はラリトプル、美の都という意味。
ラリトプルっていう響きが、うつくしい。


というのも 昔から住民の多くが伝統工芸に従事していて
多くの職人さんを生み出した場所であり、
街中のいたるところに 素晴らしいネワール建築が見られるからなのだそう。



パタン (8)



そんなわけで、お決まりダルバール広場も
(ネパールの古都には たいていダルバール広場がある)
ネワール建築博覧会のようになっております。



パタン


パタン (4)



とはいっても どこの街も立派だから、
正直 素人目線な私の感想じゃ「うん、パタンもすごいね!」
にしかならないんだけど。 えへ。



パタン (6)


パタン (2)



でもやっぱり、ちょっとした壁 窓枠なんかを眺めては、
こんな小さいとこまでこんな細やかに… と 感心してしまいます。



パタン (5)



茶色の街にはえる、これまた美しい お供えもの。



パタン (7)


パタン (3)



広場から路地を歩くと、タンカ(仏画)屋さんや仏像屋さんが
たくさん並んでいたよ。



ちょいちょい「タンカアートスクール」っていう看板を見かけるんだけど、
これはツーリスト向けの 体験的なかんじなのかしら?
それともタンカ絵師になりたい人向けの 本気スクール??




パタン (9)



そんな、ネパール芸術のふるさと パタンでございました。



今回旅に出てくる前に 日本で「神々の山嶺」を読んでたのだけど、
これの冒頭でパタンのダルバール広場が 重要なシーンとして出てくるの。
なので パタンの広場を見た瞬間、あのシーンの場所だ!ってテンションあがっちゃった。







山に興味のなかった私に、登山家のすごさを伝えてくれた秀作。
ふるえる。
ネパールに行く前に読んでみるのも いいかも♪




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

お越し頂きありがとう!こちら1クリックもどうぞよろしくです♪


2012/01/18

カトマンズの模範的歩き方。@カトマンズ



2012年1月8日~11日


ポカラからカトマンズに戻ってきました。


前回初めてカトマンズに来たときは、
タメル地区の土産物&アウトドア用品&食べ物の充実っぷりにすっかり魅了されて
宿周辺から出なかった(笑)けど、
今回はもうちょっと行動範囲を広げてみましょうレッツ散歩!



タメルの中心地はツーリストで溢れた繁華街だけど、
ちょっと離れれば ローカル色むんむんのエリアになる。




まずは アサンチョークへ。



カトマンズ


カトマンズ (6)



いくつかの通りの交差する場所に「チョーク」って名前がついてる。
路上で売り物を広げる人、大きな荷物をしょった人、自転車、バイク、
びっしり並ぶ 小さな商店たちで すごい活気!



ここから次は インドラチョークへ。



カトマンズ (10)



インドラチョークではいつもなぜか、布がいっぱい売ってる。
このアサンチョーク&インドラチョーク周辺が、特にローカル色満点。
このインドラチョークのお寺の1階に、
おいしいラッシー屋さんがあるので飲みましょう♪ ナッツ乗せがナイス!





そしてここからフリークストリートに向かい、ひときゅうけい。
たびたびブログ夫婦が「神の味」と教えてくれた、スノーマンのプリンを食べます♪



カトマンズ (2)



うーまい!
ショーケースには他のケーキもいろいろ並んでて、目移り…
チョコレートケーキも美味しかったなぁ。




スノーマンのレトロサイケな店内もそうなんだけど、
ここフリークストリート周辺は 今はすたれてしまったけど
タメルがこんなに賑わう前に 外国人が 集まっていたエリアなのだそう。
なんとなく その頃の雰囲気を残した、レトロな感じが漂ってる。



カトマンズ (7)


カトマンズ (11)


かわいいね。





そしてフリークストリートから、カトマンズ最大のみどころ
ダルバール広場(旧王宮)へ。
いちお世界遺産。



カトマンズ (12)



いつも 大勢の人でにぎわってる。
観光に来るツーリストより、むしろ塔とかに座ってのんびりしてる
ネパール人のが 圧倒的に多い。




ネパールに来てステキだなと思うのは、歴史的建物が
今も 街や人とともに 生きてるところ。

世界遺産だなんていっても 仰々しく囲いなんてまったくしてなくて、
ふつうにローカル民たちの 日々の憩いの場になってる。



カトマンズ (8)



たとえばこの(↑)お寺とかもそう、
こんな年季入りまくった由緒ありそうなお寺たちも、1階部分は 普通に商店!
そこらの民家の商店街よろしく。



カトマンズ (9)



この(↑)、「切手のデザインになってて、最も美しいと呼ばれる窓」っていうのも、
え、ここ!?ってびっくりするくらい 普通の民家の壁に ひょっこりあった。
なかなか見つけられず 何度も前をスルーしてしまったくらい。



カトマンズ (13)



コインが打ち付けられた木像(↑)。
拝むと歯が治るらしく、それにちなんでこれの周辺には歯医者がいっぱい。(笑)



カトマンズ (5)



ふらっとのぞいたなんでもない小路に、無名のストゥーパが立ってたり。
そして子供が走り回ったり、お母さんたちは輪になっておしゃべりに花を咲かせたりしてる。
なんだかすごく、いいんだよな。
建物が、たくさんの神様が 長い時間ずっと、ちゃんと人とともに生きているかんじが。





てか あまりにも日常すぎて、これを別枠遺産扱いするほうにムリがある。笑
だってダルバール広場とか ほんとは入場料いることになってるんだけど、
街の一部だもん、通り道的存在ですよ。
実際ネパール人たち 普通に歩きまわってるしー。
それでたまに 目についた観光客っぽい人に「金払えー」って
言ってきたり こなかったり 超アバウト(笑)
全然管理しきれてないんだからいっそフリーにしちゃえばいいのに、
まぁその 抜け目だらけってか抜け目しかないようなゆるさも 嫌いではないが(笑)



そんなカトマンズの模範的歩き方でした。
ちなみにこのコース、「地球の歩き方ネパール編」に載ってたモデルコースを
ほぼまんま やってみただけ。はっは! 手抜き!
だから模範的歩き方



カトマンズ (16)



(↑)本日のベストファッション賞!




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

お越し頂きありがとう!こちら1クリックもどうぞよろしくです♪



<<戻る 次へ>>

■  ☆最新の状況☆

中国~チベット~ネパール~インド~スリランカ~ヨルダン~イスラエル~エジプト~モロッコ→トルコ→インド→タイ→ラオス→中国→日本! 6/26 半年間ほったらかしでしたが久々に近況かきました。 その間コメント等下さってた方、ごめんなさい!いまさらですが返信しましたのでよければご覧ください。 今は京都にいます。ゼロからふりだし暮らし中。

■  プロフィール

AYUMMY

Author:AYUMMY
 2008年10月からはじまった、気のむくままの世界放浪、女ひとり なんちゃってバックパッカーも 気づけば4年目。
 オーストラリア、アメリカ大陸横断を経て、現在はアジア編。

 ふらふら歩き&かわいいもの探し大好き。
世界は無数のかわいいや わくわくであふれていて、旅中 毎日お散歩日和。

 旅の日常で 見た かんじたこと、私目線でゆるっと綴っています。

■  RANKING

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 ブログランキングに登録しているので、1日1クリック応援頂けるとうれしいです♪ここから、同じものに心を動かせる人の輪が広がるといいなと思って。

■  カテゴリ

はじめに (2)
このブログの見方 (1)
旅のルートと現在地 (1)
出発前 (5)
【旅日記その1:アメリカ大陸編】 (321)
メキシコ (10)
グアテマラ (10)
チリ (12)
アルゼンチン (17)
パタゴニア (19)
ウルグアイ (2)
ブラジル (26)
サルバドール(ブラジル) (0)
パラグアイ (8)
ボリビア(ウユニツアー) (4)
チリ(2回目) (14)
アルゼンチン(2回目) (7)
ボリビア(2回目) (43)
ペルー (10)
※香港へ脱線 (8)
※NYよりみち (2)
ペルー(2回目) (44)
エクアドル (16)
コロンビア (23)
中米(パナマ - エルサルバドル) (10)
グアテマラ(2回目) (22)
キューバ (1)
メキシコ(2回目) (11)
アメリカ (1)
日本(一時帰国) (1)
【旅日記その2:アジア編】 (70)
中国 (10)
チベット (3)
ネパール (8)
インド (40)
スリランカ (3)
ヨルダン (5)
ドバイ (1)
あゆみ屋雑貨店 (36)
ご当地料理たち (33)
世界の屋台あれこれ (18)
大好き☆おやつ (30)
宿のこと (89)
移動のこと (12)
旅写真 (1)
その他 (13)
イスラエル (9)
エジプト (0)

■  最新記事

■  全記事表示リンク

全ての記事を表示する

■  リンク

このブログをリンクに追加する

■  RSSリンクの表示

■  最新コメント

■  旅のマストアイテム

■  BACKPACKERS

前へ ランダム サイト一覧 次へ 参加申し込み

■  検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。